RSSの購読

About

2007年07月15日 11:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「W-ZERO3からWebDAV接続」です。

次の投稿は「郡山駅120周年祭」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« W-ZERO3からWebDAV接続 | メイン | 郡山駅120周年祭 »

2007年07月15日 11:45

FOMA常時接続への夢

DoCoMoがHSDPA対応USB型端末を発表。
秋から年末にかけて始まるアナウンスのあった、PCからのFOMA常時接続データ通信への布石か。

今はWILLCOMのデータ定額を契約してるけど、携帯電話からの常時接続データ通信サービスが始まれば、スグにでもそちらに移行したい。

実家が都市部から結構離れてるもんで、WILLCOMじゃ接続出来ない。
一応、時々制御電波を受信してることがあるが、接続しようとするとスグに切断されることが多い。

内心「やっぱPHSだしなぁ・・・駄目だよなぁ・・・」とは分かっていつつも、やはりつながって欲しい。
つながって欲しいけど、やっぱPHSだしなぁ・・・と思ってる。

なにしろ、普段使いの携帯がSoftBankなのだが、こいつもまた電波が悪い。
SoftBankで電波が悪い以上、WILLCOMに期待する自分がバカというもの。

しかも、NTTの怠慢なのかどうなのか、固定回線でのインターネット接続もFLETS ISDN止まり。
ISDNが入るのは早かった・・・でも、時代について行ってない・・・

田舎こそ、B FLETSをガンガン入れるべきでしょう。
本音も分かるが、NTTはもっとユニバーサルサービスに力を入れるべきでしょう。

話がそれた。

auもデータ定額を始めるらしいので、DoCoMoにするかauにするか、選べるようになるのは良いことです。
SoftBankにも期待したいが、その前に電波の入りが悪いのを何とかしてください。

一応街中に住んでる自宅ですら、電波が切れたりするのはいかがなものか。

目下の問題は、今回発表されたHSDPA対応USB型端末がMac対応じゃないこと。
Macに対応してないと、話にならない。

運良くLeopardあたりで、標準対応になっていることを祈るしかないのかな。
WILLCOMを使っているときも同じ事なんだけど、キャリアが用意したソフトはドライバくらいしか使わないので、せめてドライバくらいは出して欲しいもの。

NTT DoCoMoによるHSDPA対応USB型端末の情報についてはこちらから。
韓国KTF社との「HSDPA対応USB型端末」の共同調達について

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】