RSSの購読

About

2007年07月10日 10:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「年代物のタイトー」です。

次の投稿は「Adobe CS3」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 年代物のタイトー | メイン | Adobe CS3 »

2007年07月10日 10:38

トラックボールにしてみた

Sbsh0001-2

1Fのハイチェアで作業してると、天板の奥行きが短いせいか手前で作業することが多くて腕と肩に無茶な動作を求めるらしく、激しく疲れるのでトラックボールにしてみた。

札幌時代にDo-夢で1,980円にて買ったMSのMicrosoft Trackball Explorer
このトラックボールはすでに生産終了になってて、今はMicrosoft Trackball Opticalになってるみたい。
シルバーで微妙に気取った外観が天板の上で自己主張。

ハッキリ言うとダッサイ。
さっきまで使ってた、Microsoft IntelliMouse Opticalの方が遙かにマシ。

しかしこの際、見た目は気にしないことにしようじゃないか。
最近の酷いカタコリ、こいつを何かのせいにしたいのだ!

つまり、「天板(壁に付いてるので机ではない)+マンマシンインタフェース+俺」の組み合わせが絶妙に悪い、と。

天板は部屋自体に付いてしまっている、交換とか改修とかそういう次元ではなく、こいつを改善するにはリフォームになってしまう。

俺自体は変えようがないorz
変えるとすれば、姿勢を変えるとか、椅子を変えるくらい?
しかし、ハイチェアなんてそんなに種類豊富な椅子ではない。

じゃ、マンマシンインタフェースを変更しよう、と。
で、トラックボールの出番ですよ。

こういうとき、マンマシンインタフェースオタクで良かったと思うんですな。
突発的な入力方法変更の要望に応えられるので。

まだまだ不満はあるけど、しばらくこれで様子を見よう。
とりあえず、目立たない感じで使えそうなELECOM スケルトンUSB延長ケーブル USB(A)オス-USB(A)メス 1.0m クリア USB-EACRが欲しい・・・意外とトラックボール自体に付いてるUSBケーブルの長さって、短くて取り回しの自由が利きません(´Д`)

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】