RSSの購読

About

2007年07月25日 06:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「PowerBookのHDD換装に向けた考察」です。

次の投稿は「ムシムシジメジメ暑い暑い」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« PowerBookのHDD換装に向けた考察 | メイン | ムシムシジメジメ暑い暑い »

2007年07月25日 06:58

PowerBookg G4 HDD換装

空き容量が2GB切りでつらかったので、ついにPowerBookのHDDを交換。
160GBのHDDを買ってきて搭載。

今までの倍。ダブルスコアですよ。
おかげさまで快適です。
しかも、時折キィキィと鳴っていた高周波サウンドも解決。

どうやら、それまで付いていた80GBのHDDから鳴っていた模様。

それでは、換装したときの記録を。

用意したもの

  • 六角レンチセット
  • 精密ドライバ
  • 交換するHDD(U-ATA)
  • オリジナルのHDDを納めるHDDケース
  • 本(何でも良い)


 Mg 2070-5

まず、交換するHDDの用意。
これがないと、どんだけ分解しても意味がありません。
S-ATAとU-ATAがあるので、PowerBookはU-ATAを購入。

 Mg 2071

液晶がある側に傷が付かないように、下に本を置いて裏側のねじを全部外す。

 Mg 2072

全部外して、サイドと液晶を止めているあたりのねじも外す。
そしてキーボード側をエイヤァ!ではなく、慎重に開く。
換装をしているサイトを探すと出てくるけれど、キーボードの手前部分が開けにくいので慎重に。

 Mg 2073

こいつが高周波サウンドを奏でていた・・・じゃなくて、2GB切りでヒィヒィ言わせてくれた80GBのHDD。
SuperDriveとHDDの間にある2本のねじを外して、HDDを押さえる金具を外すだけでHDDが取り出せる。

交換してからはすこぶる快適。
高周波サウンドも無くなり、アクセス速度も速くなった気がする(回転数は同じだと思うんだけど・・・)。

何より、残り容量80GBという安心感が精神衛生上良い。
難しい、みたいに思って躊躇していたけど、全然楽なので、15インチPowerBookを使っていて、HDD枯渇に悩んでる人はやるべきと思う。

分解、交換、組み立てに要した時間はだらだらと(慎重に?)やっていたので、1時間半くらいかかったけど、実際に作業していたのは40分くらい。
まじめにやれば、早く終わると思う。

もっとも、換装よりもその後の再セットアップに丸1日以上かかってしまった。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】