RSSの購読

About

2007年08月02日 09:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ムシムシジメジメ暑い暑い」です。

次の投稿は「欧米的丑の日?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« ムシムシジメジメ暑い暑い | メイン | 欧米的丑の日? »

2007年08月02日 09:24

昭和30年的風景

 Mg 2124

週末は喜多方市へ。
お目当ては、街を昭和30年代を彷彿させる演出で施した「喜多方レトロ横町」と「喜多方ラーメン」のふたつ。

最後に喜多方へ行ったのは、はるか昔小学生の頃。
「本場の喜多方ラーメンが食べてみたい!」と駄々をこねて両親と兄弟とで行ったのが、最初で最後だった気がする。
もちろん、喜多方ラーメンの冠をつけたラーメンは近場で十分に食べられるわけで。

「本場」とかに弱いのは、今も相変わらず。

 Mg 2123

昭和30年代を彷彿させるのが、「喜多方レトロ横町」なワケだけど、どう見ても「懐かしい」。
どこからどう見ても、「懐かしい」。

ガキの頃、こういう風景ってどこにでもあったような・・・
そうか、そうだ。間違いない。

バブル絶頂の少し前まで、街にはこんな風景があった!
とか、似合わないほど難しいことを考えながらも、十分楽しんだ。

道路に落書きして良いらしいので(これも懐かしい)、ヘンテコなものを描いたり-

 Mg 2127

もちろん、道行く人の目にはとまってなかったみたいですが。

 Mg 2157

伝統芸能(たぶん、漆塗り)を活かしたストラップを眺めたり。
いや、欲しかった。
今思うと、買えば良かった。ホントに。

 Mg 2160

暑い暑いと風鈴を眺めて涼んだり。
ああ、こういう風景も、どこかで見たことあるなぁ・・・
ガキの頃の思い出と被る。

ちょっと感慨深くなる・・・。

 Mg 2162

もちろん、シメは喜多方ラーメン。
老舗上海というラーメン屋。

 Mg 2164

太麺とはいえ、実はそれほど太くもなく、中麺のような感じ。
しかし、堅さはシコシコしてコシがある。

出汁の効いた、少し濃いめの醤油スープとよくマッチ。
チャーシューは、柔らかく、味もしみている。
しかもこのチャーシュー、柔らかさがちょうど良い感じで歯につまらなくて良い。

 Mg 2167

おまけでビクター犬。
本当は名前があった気がするが、こいつの紹介タグにも「ビクター犬」って書いてあった。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】