RSSの購読

About

2007年08月24日 09:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「おサイフケータイ ポストペイとプリペイド」です。

次の投稿は「大分帰りの友達と飲み」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« おサイフケータイ ポストペイとプリペイド | メイン | 大分帰りの友達と飲み »

2007年08月24日 09:20

PukiWikiを宅内サーバとPowerBookで同期させたい(3)

色々と考えたし試した結果、同期のたびにPowerBook側でBashスクリプトを実行する、非常にローテクなところで落ち着いた。

動作的には次の感じ-

  1. Unisonで同期を行う($/sw/bin/unison -batch prfファイル)。
  2. PowerBook側のwiki, diff, attach, cache, backup, counterディレクトリ以下、ファイル所有者と所有グループを変更する(「$sudo chown オーナー 対象ディレクトリ と $sudo chgrp グループ 対象ディレクトリ」の連続)。
  3. Linuxにsshでログインする($ssh ユーザ名@LinuxのIPアドレス)。
  4. ログインしたLinux上で、手動で2とそっくりのスクリプトを実行する(2とほぼ同じ)。
  5. ログインしたLinuxから、手動でログアウトする。

せめて、3でログインせずにスクリプト実行した時に、sudo時のパスワードがターミナル上で非表示なら・・・3と4はひとつにできたのに。

結局のところ、ニーズは満たしたけれど、1〜4でパスワードを入力しなくてはならないのが猛烈に不満。

1〜4で、コマンド実行時にパスワードを引数で与えることができればパスワード入力は、Bashスクリプトで変数格納してしまえば良い。

けど、引数でパスワードって与えられたっけ・・・いや、調べても分からなかったので何度もパスワードを入力してるんですが。

どなたか、パスワード入力を減らすすべを知っている方がいたらご教授ください。ゼヒ。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】