RSSの購読

About 2007年11月

2007年11月にブログ「Creatiblog:310326」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月 アーカイブ

2007年11月01日

今使ってるPowerBook G4

どうやら、2004年の11月30日に注文した商品みたい。

Leopardをインストールしたついでに、入れてきたOSを思い返してみた。

買ったときはPantherが入っていた。
しばらくしてTigerが出たので、Tigerにした。
だいぶ経ってLeopardが登場して、Leopardにした。

買ったのが2004年だから、使い始めてもう少しで4年目。
いやぁ、よく頑張ってますよ。ホントに。
(よくよく考えてみると、4年間に2回ほどOSを入れてる)

Panther以降は、OSを入れ替えるたびに速くなっているので嬉しい限り。

今までのサイクルを思い返すと、4〜5年目に買い換えをしているので、来年の春くらいに買い換えってのが妥当なところかな。

買い換えても、旧機種を手放すことは少ないので、たまっていく一方なんですがね。

数年ぶりのロッテリア

数年ぶりにロッテリアに行った。

いやー、変わってた変わってた。
味が変わってたのに驚いた。

ひとりで行ったわけじゃなく、取引先のCさんと行ったわけですが、彼も味が変わったって言ってたから、たぶん、本当に変わったんだろう。

あまり覚えてないけど、最後に行ったのは・・・大学3年くらいの頃に、近所にあったロッテリアでバイトに行く前に食べたのが最後のハズ。

当時の記憶だと、ロッテリアって「つくって放置」みたいなイメージがあって(失礼)、ポテトは冷めてた。
これだけは間違いないと思う。

今回のロッテリアは違った。
熱々ポテト。

ポテトもバーガーも、ジャンクはジャンクだが、こういう「おもてなし」って大事。
食べるなら、どんなものでも美味しいに越したことはないでしょ。

今回食べたのは、半熟デミキャベバーガー。

200711020509 02

ふわふわのパンズに、デミソースのハンバーグと半熟玉子、それとキャベツ。
これも美味しくなってた。

ロッテリアも選択肢に入るようになったなぁ。
Webサイトを見たら、マイ・ロッテリアプロジェクトなんてのもやってる。
カスタマーとの距離を狭める、そういうのは重要ですな。

ロッテリアとは違うけど、ハンバーガーつながりでドムドムバーガーを思い出した。
札幌にいた頃は、会社の入っていたビルから徒歩で行ける一番近いハンバーガーがドムドムバーガーだった。

それと、郡山のアーケードにあったダイエー、その後トポスになったけど。
あそこの1Fにもあったなぁ。懐かしい。

実は、結構ドムドムバーガー好きだったかも。
時々、無性に食べたくなるし。

2007年11月02日

LeopardにUnisonが入らない

Tigerの時は、サーバーとPowerBookの同期にUnisonを使っていた。

確か、曖昧な記憶だがFinkでUnisonをインストールした気がする。
今回も同じようにFinkで入れようと思ったが、FinkのインストーラがLeopardを拒否する。
ソースコードを落としてきて、自前でインストールすれば良いらしいのだが、それは面倒くさい・・・(腰抜けだな)

同じようにUN*Xアプリのパッケージソフトで、以前使っていたことのあるMacPorts(旧名DarwinPorts)があるので、それを入れた。

ここまでは順調。

$sudo ports -d selfupdate

アップデートとかしてみても、その辺は問題なく動作する。
しかし、Unisonはきちんと入らない・・・

どうやら、ocamlというのが原因でunisonのインストールに失敗しているようなのだが・・・
今日はここまで。後で時間があるときにやることにしよう。

2007年11月07日

工夫と右クリックで仏様とmeet

ふと「工夫」という単語をLeopardで搭載された、「右クリック」して文字列選択されたら「辞書で調べる」をクリックで調べてみた。

・よい方法や手段をみつけようとして、考えをめぐらすこと。また、その方法や手段。「新しい方法を—する」

ああ、そうだよね、そうだよね。
「よい」方法や手段を見つけようとして、考えをめぐらすこと。
良いよね。

人生は旅みたいなものだと例える人が多いが(自分もそういうことある)、考えを巡らすのも、旅みたいなもんだよね。
日々工夫をしないとダメなんですわ。

Thinking Voyageみたいな。

ちなみに英語だと「工夫」に値する単語って無いみたい。

・〔仕掛け〕a device; 〔発明〕an invention; 〔手段〕resources

ふむぅ・・・となると、Appleはdeviceとinventionなんですな。
いやいや、そういうことじゃなくて-

「工夫」という抽象的な言葉じゃなく、とつぜん具体的。
仕事をする上では具体的であることは良いことなんだけど、あまりにも具体的すぎてグッタリ。

それもそのはず。
国語辞典で「工夫」の意味はもうひとつある。

・仏道修行などに専念すること。特に禅宗で、座禅に専心すること。

宗教用語なの?
戦争イコンとしての宗教が目立ってしまうワケだけど、仏道や神道、儒教などの考え方ってのは、実は素晴らしい。

右クリックで出会った仏様。

あれ、奇遇ですね、こんなところで会うなんて。

城東ロジヨドバシ覚え書き

とうとう我慢できなくなって、10月25日の夕方に注文したMac OS X 10.5 Leopardのその後を簡単に。

・10月25日
夕方(たぶん16時くらい?)に注文

・10月26日
早朝、発送しましたメール到着
メール到着してまもなく、日通の配送状況案内ページに登録される

・10月27日
12時30分くらいに運送屋が来たらしい(外出していて受け取れず)
13時すぎくらいに、夕方再配達を頼む
18時くらいに再配達来る。受け取った。

「早く早く!」とか「急げ急げ!」ではなかったので特に何も考えてなかったけど、けっこう時間かかってるのね。
東京-福島って、物流が悪いのかなぁ?
いや、札幌にいた頃に比べたらマシか。
もっと日数かかってた。

いや、急ぎの時はAmazonプライムを使えってことなんだろうけど。

Mac OS X 10.5 Leopard / PowerBook G4

使い始めて1週間くらいになるので、PowerBook G4での雑感を。

PowerBook G4のスペックは次のような感じ。
15インチ / 1.5GHz / 2.0GB Memory / ATI Mobility Radeon 9700 128MB

・速度に関すること
Tigerと変わらない。もしくは意外と早い。
HDDに依存すると想像できるQuickLookあたりは、もたもたしてると感じることもある。

Stacksのアニメーションは、想像以上にきびきび動く。

Spacesも、想像以上にきびきび動く。

その他も、想像以上にきびきび動く。

特に、Adobe Bridge CS3はTigerの時より速い気がする。
PhotoshopやIllustrator、Flash、Dreamweaverの各CS3はあまり変わらない。

・使えなくなったアプリ
自分のところにはそんなに無い。

CS3に付いてきたAcrobatが動かなくなったが、Leopard自体でページの差し替えとかが出来るらしいのでOK。
AcrobatのLeopard対応は、年明けくらいになるらしい。

気のせいか、Microsoft Messengerがよく落ちる。
Tigerからホームフォルダを移行しているので、それがダメなのかな?
消したりインストールするのが面倒くさいので、Microsoft Messengerのアップデートを待つことに。
それまでは、iChatからJabber経由で使えばいい。
(便利なので、興味のある方はこの方のを参考にどうぞ

Time Machineについて
USB2.0接続の外付けHDD(250GB)にTime Machineするように設定した。

気になる容量は100GBくらい使用。
それほど大きくはなってないみたい。

接続せずに放置してからバックアップをつくらせようとすると、ひどい容量になる。
もちろん、バックアップにも時間がかかる。

3日くらい接続せずに使って、5GBほどのバックアップを取ることになったが、使用しながらだと1日でも終わらない。
寝る前に接続したら終わっていた。

iSCSIを使ってTime Machineの接続先ドライブにできるらしいので、出来るならそっちに移行したい気がする。

・トラブル
これといってトラブルはまだ無いが、案の定WACOM IntuosWACOM FAVOのドライバ関係でひっかかった。
ドライバ(RC2なんだけど)をインストールするも、まったく動かない。
システム環境設定で確認するとドライバは入っているし、システムプロファイラでも接続確認できる。

ディスクユーティリティで権限修復するも、結果は変わらず。

ドライバと設定ファイルをアンインストールして、再度インストール。
そして再起動・・・ああ、黒い画面でエラーが大量に。カーネルパニックですか・・・

「Cmd + Control + 電源」で再起動すると、今度はintuosがちゃんと使えるようになった。
Tigerの時も似たようなトラブルがあったので、それほど気にならない。

・総論
MacBook Proが欲しかったが、Leopardで半年くらいはしのげそうな気がする。

ちなみに、iBook G4(最後の型)もLeopardにした。
こっちもサクサクで快適。
SpacesとStacksを使うと、画面解像度の狭さもなんとかなる。

intel Macへの移行を急がないのであれば、Mac OS X Leopardを入れれば幸せになれると思います。

ピクチャースタイルエディター

ついにCanonのサイトから、Picture Style Editor 1.1がダウンロードできるようになった。

RAWデータ撮影したデータを元に、自分なりのピクチャースタイルが作れるみたい。
「みたい」というのも、実はまだピクチャースタイルをつくってないから。

つくってないというより、実験中というかなんというか・・・
正直に言うと、使ってみたけど、いまいち分かってないということです。

ピクチャースタイルを自分でつくれるから、今まで以上に自分らしい写真が撮れるとか、今まで以上に遊べるんだけど、このピクチャースタイルエディターを覚えるまでが一苦労か。

つくったピクチャースタイルを、IXY DIGITALあたりにも持ち込めるとより一層面白いんだろうナァ。

「あなたの(ピクチャー)スタイルを、いつでも、どこでも。」ナンテ感じで。

過度な期待は禁物ですがね。

2007年11月08日

eneloop universeの置くだけ充電器

eneloop universeの置くだけ充電器が、東京デザイナーズウィーク2007で公開された
置くだけ充電器と言えば、イギリスの電力メーカーで開発してるだとか、ワイヤレス電力供給システムとかで一時期話題になってたナァ。

それと、昔使っていた(今も持ってるけど)自宅の電話機。
ビクターのTN-DJ3の受話器も、置くだけ充電器だった。

ともかく、eneloop universeのカップ型充電器は良い。

 Cda Static Image 2007 10 31 Sanyo Z1

リモコンとか携帯とか、はては携帯ゲーム。
カップに入れておくって発想が良い。

帰宅→カップに入れる
ということなんだが、この「入れる」ってのがミソになると思う。

それもそのはず、「入れる」を「片付ける」に置き換えられるからだ。
ペンをカップに入れておくのと同じ発想。
だから、帰宅→カップに入れるという動作が、「帰宅→カップに片付ける」になる。

カップに片付けているだけにもかかわらず、必要な充電が行われているというわけだ。
ただ単純に便利になるだけではなく、生活の動作とリンクしている。
これまた素晴らしい。

単なる装飾としてのデザインではなく、ライフデザインにまで至っている気配り。
まさしくエンタテインメント。

 Cda Static Image 2007 10 31 Sanyo B3

eneloopyは、電池の残量表示をさせるアイテム。
だけど、残量表示のためのツールが犬型。
見た目も気が利いてる。

欲しいナー。

2007年11月09日

ピクチャースタイルエディター

ついにCanonのサイトから、Picture Style Editor 1.1がダウンロードできるようになった。

RAWデータ撮影したデータを元に、自分なりのピクチャースタイルが作れるみたい。
「みたい」というのも、実はまだピクチャースタイルをつくってないから。

つくってないというより、実験中というかなんというか・・・
正直に言うと、使ってみたけど、いまいち分かってないということです。

ピクチャースタイルを自分でつくれるから、今まで以上に自分らしい写真が撮れるとか、今まで以上に遊べるんだけど、このピクチャースタイルエディターを覚えるまでが一苦労か。

「あなたの(ピクチャー)スタイルを、いつでも、どこでも。」

ナンテ感じで、つくったピクチャースタイルをIXY DIGITALあたりにも持ち込めると、より一層面白いんだろうナァ。

できないし、価格帯とか考えてもできるようにはならないと思うけど・・・
過度な期待は禁物ですがね。

やっぱり期待したくなりますわ。
できるようになっちゃったら、コンパクトデジカメが欲しくなっちゃうかも。

2007年11月14日

JollysFastVNCが速い

MacでWebの仕事をすると、IEでの確認がどうしても問題になる。

もちろん、Virtual PCを使う手もあるし、Windows XP Prefessionalから標準で使えるようになったRemote Desktop Connectionを使う手もある。

しかし、Virtual PCはCPUを使う割にはそれほど快適じゃないし、Remote Desktop ConnectionはWindowsが入ったPCの電源を入れておかないとダメ。

Windows PCの電源を入れればいいだろ、そう思った。
でも、実は放熱ファンの音が苦手。
苦手と言うより、好きじゃない。

なので、静かなWindows PCなら良かったんだけど、うちでWindows XP Professionalが動くPCは、どれも騒音揃い。

そこで、ノートPCにWindows 2000を入れてVNCでIE確認をしていた。
今まで、Chicken of the VNCを使っていたわけだけど、これがまた重たい。

確認するたびにストレス。

・・・VNCって確かに遅いけど、こんなに遅い?

それくらい遅い。
色々探していたら、新しく登場したMac用VNCクライアント・JollysFastVNCが速いらしい。

使ってみたら、いや、ホント速いわ。

IE確認のストレスで、MacBook Proが欲しい!今すぐ欲しい!
などとのたうち回ったけど、JollysFastVNCでしばらく乗り切れそう。

2007年11月15日

iPod touchでiCalスケジュール

ついこの間のiPod touch 1.1.2アップデートで、iPod touchからiCalスケジュールの入力に対応したみたい。

ごろ寝でネットをしたり動画を見たりするときは、無印W-ZERO3を使っている。
でも、今回のアップデートでいよいよiPod touchにしたい欲が高まる。

iCalスケジュールの入力だけではなく、PDFも見れるらしい。

これはますます、(良い意味で)iPodっぽくない。

音楽が聴けて動画が見れる他に、ネットができて、スケジュールを見たり書いたりできて、アドレスブックが見れて追加できてPDFが読める。
これでSkypeかiChat AVが使えたら、iPhoneいらないわ(欲しいけど)。

iPhone待ちしてたんだけど、W-ZERO3とリプレースでiPod touch 16GBが欲しくなっちゃうよ・・・。

マックラップ

CDとDVDをレンタルしに行ったついでに、マックラップに挑戦。
挑戦と言うほどのものではないんだけど・・・

20071114175800

まずは「チキンシーザー」の方から。
うん、悪くない。
悪くないけど、パサパサしてる・・・それと、もっとアツアツの方が好みかも。
こういう感じの食べ物だから、アツアツだとダメなのかもしれないけど、チキンとチーズはもっとアツアツが嬉しい。

それとソースが少ない。食べやすさを追求するとソースは減る運命なんだけど、もうちょっとコッテリしてても良いんじゃないかな。
もしうは、チーズの味を濃くするとか。

これから寒い季節なんだし、フライのチキンなんだから、チーズがとろけるくらいアツアツが良いと思う。

20071114175801

次は、「えびサウザン」を。
チキンシーザーよりアツアツでソースが濃厚。
濃厚なソースにもかかわらず、ちゃんとえびっぽい。

個人的には、こっちの方が好みかな。

でも、もっとアツアツのフライであって欲しいのは否めない。

いずれにせよ、どちらも食べた感が少ない。
「マックラップ + ポテト + ジュース」でも、なんだか物足りない。
おそらく、カロリー的には足りてるんだろうけど、バクバク食べれちゃうので食べた感が少ない。

軽く食べるのには向いてるんだろうけど、これでごはんにしようと思うと、腹持ちは悪いね。

食べた感を出すために、もっとアツアツにしてくれたら嬉しい。

ちなみにこの持つ部分に付いている厚紙、裏表で「チキン」と「えび」の両方に対応。

「チキン」の裏側には「えび」。
「えび」の裏側には「チキン」。

環境に優しいのはもちろんだけど、コスト削減の工夫(デザインの工夫?)が見られて楽しい。

FileMaker Bento

何ができるか未知数だけど、ワクワクするようなアプリが登場。

その名もBento(弁当?)。
これまた大胆な名前だな(苦笑)

20071115085200

でも、解説を読むと納得。
情報を整理整頓するためのアプリ、ってことらしい。

FileMakerは、確かアップルの子会社だか関連会社なので、Leopard向けになったアプリを出してくるのも納得。
納得だけど、これでiLifeやiWorkに同様のものが入る可能性はなくなったってことか。

できれば、iWorkあたりに入れてもらった方が面白そうだったんだけどなぁ。
そこは残念。

何ができるか分からないけど、プレビュー版もダウンロードできることだし、入れてみるかな。

FileMaker Bentoに関する詳しいことはこちらから。

2007年11月16日

Nokia N82

01 N82

これはカッコイイ!

携帯にはワンセグより音楽プレイヤーよりカメラな自分としては、Nokiaケータイのカメラも興味深いわけです。
画素数が5Mにアップしたとはいえ、どういう画づくりしてるのか、ってのも気になる。

以前、Blogかmixi日記かどちらかにも書いた気がするけど、ケータイのカメラって、そもそも光学系も受像素子系も大きくできないので、ハイクォリティを追求するよりもっとトイカメラの方向に走って欲しいわけですが(つまり画づくり)・・・

このNokia N82は見た目もカッコ良い。

気になる部分は通話・終話キーとその間にある上下連結っぽいキー。
これって、使いにくそうだなぁ・・・

テンキー部分は、SO902iwpが似た感じなので、あのテンキーは嫌いじゃないです。

SoftBankで出してくれないもんかなぁ・・・
とは言っても、去年不慮の事故(というか、飛行機の中に携帯忘れた)で910SHに機種変。
それからまだ1年しか使ってないので、狙うとしても白ロムしかないわけですが。

2007年11月17日

サーバー狂想曲

色んなプロジェクトのテスト環境として、自宅にサーバーをつくって、そこでプロジェクトのテストをしているわけですが、そのサーバーでやってはいけないことをしてしまった・・・

使っているのは、RedHatのコミュニティ(オープンソース)版LinuxのCentOS。
CentOSは、yumというコマンドでパッケージ管理をしていて、これが超便利。昔は、ソースファイルを探してきて、自分でコンパイルとか、rpmを探してきて、自分でインストールとかしていたわけですが、yumはコマンド一発でネットからダウンロードしてきて、インストールまでしちゃう。

例えば、yum search hogehogeで、hogehogeというソフトがCentOS用に作成されていているかどうか?というのを確認するわけです。

で・・・
yum updateで、yumでインストールしたすべてのソフトのアップデートをするんです。
yum -y updateで、アップデートする?というyumからの応答をyesとする省略。

金曜の深夜に、思わずyum -y updateとしちゃったわけです。
python-develが何かの依存関係で、バージョンがダメだとlogに書いてあって、個別に入れようと思って悪戦苦闘しているうちに、ついカッとなって・・・

それがまさか、こんな面倒くさいことを引き起こすとは。

yum -y updateしたら、中に入ってるソフトが新しくなるわけです。
新しくなるときに、データの互換性がないこともあるわけです。

特に、PostgreSQLというデータベースでは・・・

アップデートする前は、PostgreSQL 7.4でした。
アップデートした後は、PostgreSQL 8.1です。

アップデートしたら、PostgreSQL動いてない・・・
このデータベース、今やってるプロジェクトでエンジニアさんがせっせと使ってるデータベース・・・

えー・・・つまり、プロジェクトの妨げをしている、と。
かつ、可及的速やかにこのデータベースを稼働させないといけない。

どうやら、データベースソフトをバージョンアップするときは、pg_dumpall > dump.dbとしてデータベースのダンプを作成。
バージョンアップ後に書き戻す作業をしないとダメらしいんですわ。

・・・わかんねーよ。
というか、かれこれ何年もその業務のソバにいないから、本気でわかんねーよ。
そんな感じで逆ギレぎみになりつつも、あ、いやそんなことより、まずは直さないと・・・と。

直す前に、恐ろしいのでデータベースのコピーを作成する。

cp -rp /var/lib/pgsql ~/pgsql_fullcopy

試行錯誤はここから・・・
まず、PostgreSQL 8.1で7.4のデータベースを使って起動することはできないのか探して、できないことを知り。
次に、7.4のデータベースを8.1用にコンバートする方法を探して、そういう方法はないということを知った。

こりゃもう、PostgreSQLを7.4に戻せばいいな、と思いアップデートしたシステムのデータベースを7.4に落とそうと努力するも、うまくいかない。
ここでだいぶ時間を使が、結果は一歩も進まずガッカリ。

どうやら、7.4が動くシステムを別につくって、pg_dumpallしてそれを戻せばいいらしい。
絶望的に時間がかかる・・・自業自得ですが。

しかしこのままではどうしようもないので、VMwareにCentOSを入れてPostgreSQL 7.4をインストール。
新しいが旧いバージョンのCentOSで、PostgreSQLを起動。

/etc/rc.d/init.d/postgresql start

起動できたら、終了する。

/etc/rc.d/init.d/postgresql stop

終了したら、8.1にしてしまってどうしようもない方をコピーする。

scp -rp pgsql username@xxx.xxx.x.x:/var/lib/

コピーできたら、/var/lib/pgsqlのオーナーとパーミッションに注意して、新しいが旧いバージョンのCentOSにあるPostgreSQLを起動。

ここで、起動に失敗するようならオーナーやパーミッションが間違えてる。
起動できたら、データベースの中身を確認してから新しいが旧いバージョンのCentOSでダンプの作業。

su - postgress

でPostgreSQLのユーザになる。

pg_dumpall > pgdump.db

ダンプしたら、ちゃんと内容があるか容量だけ確認。

確認できたら、ダンプファイルをPostgreSQL 8.1が動いている方にコピー。
何が起こるか恐ろしいので、PostgreSQL 8.1の方で、データベースのディレクトリをコピーする。

cp -rp pgsql pgsql7_4

で、su - postgresしてpostgresユーザになって、データベースの初期化(initdb)をして、PostgreSQL 8.1を起動して書き戻す。

psql template1 < pgdump.db

書き戻せたら、中身をちょろっと見て、プロジェクトのシステムが動いてるか確認。
なんとか元に戻せた・・・。

カッとなってやるのは良くないです。反省。
あと、cronでdump取るようにします。

自分で自分にガッカリだ!

けど、7系より8系の方が良いんだよね、と一緒にやってるエンジニアさんが言っていたので、彼の言葉を信じるなら、この後良いことがあると良いなぁ・・・と希望的に考えることにします。

超が付くほど久しぶりにPostgreSQL使いのバイブル、PostgreSQ完全攻略ガイド(通称シーラカンス本)を読みまくりましたよ・・・。

2007年11月18日

HD-CS500U2をCentOSサーバに

ヨドバシカメラでBUFFALO USB2.0対応 外付けHDD TurboUSB機能搭載 500GB HD-CS500U2が15,800円で20%ポイント還元だったので購入。
Leopardを入れてからTime Machineとかなんだとかで、HDDがちょうど枯渇してたのでうれしい価格。

実はこのHD-CS500U2は先週も安かったが買い逃したので、ちょっと悔しい思いをしてたのでした。
なので、ちょっぴりハッピー。

しかしながら、実は問題がひとつ-

それは、USB2.0のインタフェース。
一応、CardBusのカードを使ってるはずなんだけど、いまいちパフォーマンスが出ない。

玄人志向 USB2.0N-CB インタフェースカードを使った時のパフォーマンスをBlogに書いている方がいて、それによるとこのカードだとだいぶパフォーマンスが発揮されるようなので、ヨドバシに在庫があればポイントで買うかな・・・。

2007年11月21日

GyaoのSilverlight対応

GyaoがMicrosoftのリッチコンテンツ環境、Silverlightに対応したらしい。
SilverlightはMicrosoftがつくったFlashみたいなもので、Windows Mediaの後釜に当たるのかな。たぶん、そんなところ。

SilverlightはFlashを使う(かつDirectorを使う)人にとっては、きっとイヤでも注目しておかないとダメなプラットホーム。

普及するのか、しないのかはさておき。SilverlightがFlashやDirectorとちょっと違うところは、Windows Media同様DRMに注力している点。
おそらく、今回Gyaoが導入したのもDRMに注力しているからだと思う。
そしてなおかつMacにも対応。これまでのWindows Mediaとの違いは、マルチプラットホームかどうかだと思う。

intel Macになって、BootCampでWindowsを動かすことができるようになったし、VMware fusionやParallels DesktopでMac上でも快適にWindowsを動かせるようなったが、前者だとMac OS Xと同時に使えないし、後者だとパフォーマンスがネックになる。

結局、いずれにしてもWindows Media(か、Silverlightの様にそれに準ずるもの)がMacに対応しないと、快適にGyaoなどのWindows Mediaを使ったリッチコンテンツを楽しむことは難しかったわけだ。
(それでも、GyaoはYouTubeやニコニコ動画に負けているらしいが、勝つためにも、ということか?)

GyaoがSilverlightに対応したと言うことで、せっかくだからJ-Wave Brandnew JもSilverlightに対応してくれないだろうか。

「ながら」で楽しめるラジオの方がうれしいんだが・・・。

2007年11月22日

MacPortsでUnison入った

入らないなぁと書いたUnisonが、どこかが更新されたみたいでインストールできるようになってた。
いつからできるようになったのかは分からないけど、良かった良かった。

さて・・・同期の設定でも見直しますか。

Shinichi OsawaのLIVE from Tokyo

Mondo GrossoことShinichi OsawaのLIVE from Tokyo Shinichi Osawa - Live from Tokyo (iTunes Exclusive) - EP が良い感じ。

iTunes Storeからゲット。
750円で約30分間の仮想旅行を。

仕事しながら聴いてます。ハイ。
ドライブしながら聴きたい気もするけど、もちろん仕事だし、加えて今日は雪がフワフワ舞ってるし、風も強そうなので本気で仮想旅行。

良いタイミングで見つけました。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】