RSSの購読

About

2008年02月20日 17:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「DreamweaverとSubversion」です。

次の投稿は「ものの置き方」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« DreamweaverとSubversion | メイン | ものの置き方 »

2008年02月20日 17:10

Subversionでフォルダを削除するとき

SCPluginを使っている人に偏ったメモ。

Finderやアプリケーション側から削除して、それをCommitするとエラーになる。
エラーになってしまった場合は、一度Updateして削除してしまったフォルダをローカルに落としてくる。

削除するときは削除したいディレクトリを選択して、SCPluginメニューからDeleteを行う。
SCPluginでDeleteをすると、フォルダやファイルに×マークがつく。
これをCommitすると、削除される。

何度やってもハマル。
ここ、もっと楽ちんにならないものかなぁ・・・どうも直感的ではない。

Subversionとして理にかなった動作である、というのは分かるんだけどね。

それとも、自分の使い方がおかしいのか・・・?

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】