RSSの購読

About 2008年03月

2008年03月にブログ「Creatiblog:310326」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年02月です。

次のアーカイブは2008年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月 アーカイブ

2008年03月10日

言い方しだい

ささいな言い回しの違いで、ありがたく感じたり、腹が立ったりと、気持ちは移り変わりが激しいみたいだ。

受け取り方の違いは仕事上の打ち合わせや、文章を扱ったり、デザインするところでもちょくちょく出くわすので、普段から気にしているつもり。
それでも、やはりリアルな体験には勝てない。

散歩のついでで図書館に寄った。
この図書館、読みたい本をリクエストしてもなかなか入れてくれない(というかゼロ)なものだから、あまり行こうとは感じない。あ、これは関係ないか。

図書館の中をぶらぶら眺めて歩いてると、ふと目に飛び込んできたのがDVDとVHSのジャケット。
もちろん、DVDとかVHSを図書館に置いてあるのは不思議ではないので、「どんなのがあるのかな?」と軽い気持ちで眺めてた。

眺めてたら、司書の人にそこのは触らないでくれと唐突に言われた。
こちらとしてみれば、突然すぎて、え?何?という感じ。

え?何?顔をしていると、司書の人は続けてあちらにもあるから、あちらのを見てくれと言うようなことを言う。
こちらが、あ、すみませんね、どういうのがあるのか眺めてただけなんですけど、と言うと、あちらにリストがあるから、それを見てくれ、と。

何が何なのやら・・・
言われてみると、あちらと言っている入り口の自動ドア付近にも、DVDとVHSの棚があったな、と。

つまり、司書の人が言うにはこっちのは貸し出し中のだから触るな、あっちにリストがあるから、眺めるだけならあっちを見ろよ、と。

・・・触れられて困るものなら、触れる場所に置くなよ・・・

司書さんの言うことも分かるんだけど、言い方ってあるんじゃないの?と。
図書館だからタダで借りるわけだけど、万が一にでもこちらはお客さんなワケで、こちらのは貸し出し中のもので、管理のために分類してあるのだから、あちらのを見てくださいと言ってくれれば良いんじゃないの?と感じた。

こっちだって、そちらの仕事の邪魔をするつもりは無いわけで・・・
ちゃんと言ってくれれば、そちらの事情は分かるから、食い下がるつもりもないし。

言い方って大事だなぁ、と勉強になった出来事でした。

ソニー・エリクソン国内携帯電話撤退?

ソニーの携帯電話国内撤退を、Engadget Japaneseから知る。

とりあえずドコモから自社開発の携帯電話を撤退させて、auの方はLISMOか何かの都合でしばらく継続するみたい。
なるほど、国内市場が伸びない割に、キャリア向けの開発費用増大で辞める(たい)ってことか。

最近のソニー携帯は、良い感じのデザイン(見た目)になってきたので残念。
実は、SO905iCSがすごく良いなぁと思っていた矢先なので、機種変できる時期になったら買おうかなぁ・・・
まだ機種変できる時期ではないので、とりあえず2008夏モデルの発表まで待とう。

他社からの端末供与で国内市場継続らしいけど、ソニー・エリクソンの携帯は見た目が良い感じなので、海外の携帯をそのまま出してくれても良いんだけど・・・

というか、そうして欲しいなぁ。
あのデザイン、意外と国内でも受けそうな気がする。

2008年03月11日

お得なルータ?

802.11n搭載ルータ + NASとして考えても、Time Capsuleはお買い得のような気がしてきた。
Mac使ってれば、Time Machineのバックアップ先に出来る。
しかも、WANポートとLANポートはギガビット。

ああ、とてもお得。

要するに、物欲的に欲しくなったってだけなんですけどね・・・

2008年03月12日

Adobe Director 11

日本語のサイトは更新されてないけど、本家のサイトはAdobe Director 11が登場してる。

気にもとめてなかったけど、Director CS3じゃないんだね。
CS(Creative Suite)だと、Authoring Premiumみたいにひとまとめで売る商品にならないとダメなのか。

今回の新機能で嬉しいのは、とりあえずUnicode support。
この新機能で、Scriptパネルの信頼性が向上してるとうれしい。

残念だったのは、UIがCS3準拠じゃないところ。
それはDreamweaver CS3にも言えることなんだけど、UIは統一して欲しい。
なにより、CS3のUIはこれまでのでも使いやすい。

さて、日本版はいくらになるんだろう?
CS3の時は「高い」と評判だったので、少し頑張ってもらえるとうれしいなぁ。

2008年03月19日

ソニー銀行の人生手帳

取引先の社長さんが、ソニー生命の営業さんは営業がうまいと言っていたのを思いだした。

ソニー銀行が、お金を管理するツール「人生手帳」というのを始めるらしい。

ソニー銀行には口座を持っていて、自分でいくつか持っているネット専業口座の中では稼働率の高い口座。

もともと、ソニー銀行には「貯金箱」みたいな機能があった気がする。
確か、ポストペットのインタフェースを選ぶと、目的貯金みたいなのがつくれる。
残念ながら、標準インタフェースを使っている自分には縁遠いんですが。

「人生手帳」では複数の銀行と証券会社、それにクレジットカードと各種ポイントサービスの仲介をしてくれる。
ここまでは、gooとかヤフーとかがやっているwalletサービスと似たり寄ったり。

「人生手帳」の特徴は、家庭や収入状況などを入力すると、人生設計のアドバイスをしてくれるというところ。

これはおもしろいなぁ。
まさしく人生ゲーム。
小難しくて投げ出しそうになりがちな、人生について考えることを、ゲーム的にやりとりしてしまう。
そんなアプローチに見えてくる。

ポストペットインタフェースに付いている「貯金箱」機能も、ゲーム的で面白いと思ったけど、これもまた面白い。

まじめなことを、ほんのちょっぴりのエッセンスで楽しめるように出来るって、すごく大切なことのような気がする。
子どものころに、ほんの少しルールを変えて遊ぶような、そんな感じ。

せっかく使っている口座にある機能なので、使ってみようかな。

山下達郎の「ずっと一緒さ」がiTunes Storeに登場

買おう買おうと思って買っていなかったCD、山下達郎の「ずっと一緒さ」 山下達郎 - ずっと一緒さ - EP がiTunes Storeで販売。

実は、ここで興味深いことがひとつ。

山下達郎は、アナログ版をCDにするとき、自分でデジタルリマスタリングをする。
毎週日曜日のラジオ番組で流すレコードでさえ、放送用にリマスタリングして再生する。

つまり、音には大変こだわりがある。

この、iTunes Store版もCDとは別個にMP3(というかAAC)向けのマスタリングをしているんではなかろうか?という期待。

これまでも、iTunes Store専用にマスタリングした曲はあったので、山下達郎ならやりそうな期待感。

CD買って、iTunes Storeでも買って、両方しっかり聞き比べてみようか。
ひとまず、Coke買ってもらったiTunes Storeで一曲無料コードで買おうw。

山下達郎とCokeのソングコード。

USBオーディオでプチプチ音

MacにUSBオーディオ機器を繋いでいて、プチプチというノイズが乗るときの対策方法。

プチプチ音を解消できると思われる、疑うべきところ。

1)USBハブ経由で繋いでないか?
2)USBHDDなど、データ転送量の多い装置をつないでないか?
3)CPUリソースを盛大に使っていないか?

どれにも当てはまらない場合は、僕が知っている範囲ではどうしようもないです。
僕の場合は1番と2番が当てはまる。

Macに2つのUSBポートが付いていて、ひとつにUSB2接続のHDD。

もうひとつが-
USB2ハブ
-タブレット
-液晶のUSBハブ(あまり使わないけど、USBメモリをさしたり)
-USBオーディオ

となっていて、USBオーディオがUSB2ハブの下に入っている。
性能の良いUSB2ハブに変えれば解消されるのかもしれないが、そのためだけにUSB2ハブを買い換えるのも解せないので、接続を変えてみる。

まず、MacにUSBオーディオだけを接続して音楽を再生してみる。

自分の場合、ここでプチプチ音が解消された。
ここでプチプチ音が解消されない場合は、新しくUSBオーディオを買うか、Firewire接続のオーディオに変更した方が良いと思う。

USBオーディオに加え、空いているもうひとつのUSBポートにUSB2のHDDを接続してみる。
ここでプチプチ音が発生しなければ、USB周りの接続を変更するだけでOK。

というわけで、USB2ハブ経由だったUSBオーディオとUSB2接続のHDDを入れ替えることにした。
これで、USBオーディオがマックに直接接続されて、USB2接続のHDDがUSB2ハブ経由で接続されることになった。

たったこれだけのことでプチプチ音は解消。
接続されているデバイスの類も変更無し。

そもそも、USB機器はCPUを使用したり、他の機器の速度に引っ張られたりするので注意が必要な機器。
値段ではUSBオーディオの方が安いが、今回のプチプチ音みたいな問題も発生しやすい。

気になる人は、Firewire接続にするとか、光デジタル入力に対応したアンプを使うと良いと思います。

2008年03月22日

Evernote Beta使用雑感

Evernote Betaを使い始めた雑感。

・複数台のPCで使うのに便利
すべてWeb上ではなく、Web上からも使えて、WindowsとMacのそれぞれでも動かせる。
この使い方が便利。

・Clip to Evernoteが便利。
メインはMacBook Proに移行したけど、用事に応じてPowerBookとWindowsも使うので、どのPCからも見ているWebページをClip to Evernoteできるのは便利。
クリップしたページは、あとからゆっくりEvernoteで見れば良い。
けど、たまにクリップできない(クリップエラーになる)のと、クリップしたときにスタイルシートが失われるのが残念。 

・写メールでガンガンノートに登録しておく
ノートに投稿するメールアドレスがあるので、外で気づいたものはガンガン写メール。
これは想像以上に便利。
これまでは、自分のメールアドレスに送信してたけど、他のメールに埋没して放置することも多々だったので便利。

・WebのEvernoteで文字化け
そもそも公式では日本語に対応してないのでこれはどうしようもない。

・相変わらずPDFはダメ
待ちきれずに、VMware上でEvernote2を使ってみた時期があって、その時期にも試したけどPDFは扱えない。
これまでのスクラップでPDFがあるし、今後も増えそうなのでこれは残念。

Yojimboを使おうと思いつつEvernoteもという形になっているわけですが、使った感じとか機能とかは、Yojimboの方が上。

PDFもQTも何でもかんでも放り込んでおけるし、WebページのスクラップもYojimboの方が再現性が高い(それにエラーになることは滅多にない)。

もちろんYojimboも問題がないわけではなく、.Mac(契約してから、ずっと自動更新になっている)の同期がうまくいってない。
Yojimbo、唯一にして最大の不満。

これからが期待できるEvernoteは、PDFとClip to Evernoteの件は、サポートに感想をメールしてみた。

欲しい機能なので、反映されるとうれしいなぁ。

春、発見

20080322122556-1

ようやく春発見。
といっても、すっかりだいぶ咲いているわけで、気がつかなかったか、見逃していたのか、探すの怠慢していたのか、どれかしかないわけで・・・。
(探してたわけですよ)

それでも、発見できた喜びと、この綺麗さと香りにはほれぼれ。

白いのも、紅いのも咲いていたけど、自分の中ではやっぱり見た目は紅梅の勝ち。
どちらも良いんだけど、この強い紅さがが良い。

2008年03月25日

Adobe EDGE Now! 本登録開始

以前書いた、Adobe EDGE Now!の本登録が始まったので、さっそく登録。

登録自体はサックリ行ったけど、プロフィールで表示する「My フォト」というのに310326のシンボル画像を登録するところではまる。

登録できる画像形式がJPEGとGIFというのはともかく、「画像は50ピクセル×50ピクセルで表示されます。」と書いてあって、50x50ピクセルの画像を登録すると、リサイズされてしまう。

上下左右に合わせて5ピクセルずつのマージンが入って、登録した画像が40x40ピクセルになってしまう。
それならそうと、説明書きしてくれよ・・・
40x40ピクセルの画像にして登録。ようやくアンチエイリアス無しのクッキリ画像に。

登録したプロフィールから察するに、RSSフィードを引っ張ってきて、それを公開するサービスかな?

ブログのカテゴリーというのを登録する部分があって、そこにカテゴリを登録。
俺のカテゴリー、全部アルファベットだから折り返しが変・・・
この辺は、ブラウザによっても変わってくるから。仕方ないか。

登録はしたものの、まだEDGE Now!自体は準備中っぽい画面。
さて、いつ始まるんだろう。

BootCampとリッドクローズドモード

外部液晶で使っているときは、リッドクローズドモードで使っている。

デュアルディスプレイでも良いんだけど、デュアルディスプレイだと机の幅をフルに使うことになるので、手書きでメモとかするのが大変なので、縦置きにしてリッドクローズドモード。
おかげで、机はずいぶん広く使える。

しかし、それはMac OS Xで使っているときの話し。

Windowsが必要なときはVMwareでやってきたが、VMwareからBootCamp領域を使うことが出来るので、そちらにしようと今更BootCamp。

まず、BootCampでのWindowsセットアップでつまづく。

Windowsのパーティション選択時に、Cドライブを削除してから新規パーティションを作成するのが、これまでWindowsを使っていたときの習慣。
しかし、これが良くなかった。

Cドライブを削除してから新規パーティションを作成する手順だと、Windowsのセットアップがうまくいかない。
起動時に、hal.dllが壊れてると言われてしまう。

Cドライブを削除せずに選択し、初期化する時にNTFSフォーマットにしてあげれば問題ない。
この時、クイックフォーマットしてはいけないらしい。
(なぜかは知りません)

それで、BootCampとリッドクローズドモード。

Mac OS Xを使っているときにリッドクローズドモードなので、BootCampでWindowsを起動するときもリッドクローズドモード。

ここで起動すると、ずいぶん格好悪いことになる。

外部液晶に何も映らない。
閉じたMacBook Proのリンゴマークが輝く。

・・・本体の方の液晶。
そう、本体の液晶が使用されている。

MacBook Proを開いて、Nvidiaコントロールパネル(だったかな?)で設定してあげれば、外部液晶のみにできる。

しかし、スマートじゃないので外部液晶のみで運用できないんだろうか・・・
設定項目を見たけど、どうもそういう方法が分からない。

なんとかならないかなぁ・・・いちいち開けたり閉めたりするの、スマートじゃない。

今はXPを入れてある。
Vistaにすると、この辺スマートになるのかな・・・?

続・BootCampとリッドクローズドモード

結局よく分からないが、一応それっぽくできた。

Windowsを起動する。この段階では、MacBook Pro側のディスプレイに表示されている。
ForceWare(nVidiaコントロールパネルだったかな?nVidiaプロパティだったかな?)にてホットキーとして、ディスプレイ切替のホットキーをControl+Shift+9に割り当てた。

Windows起動後、ホットキーを押せば外部ディスプレイのみに表示されるというかたち。
全然スマートじゃない。

nVidiaのそれを覚えれば、恐らくスマートにできるんだろうけど、あのソフト、分かりにくいんだよなぁ。

そうも言ってられないんですが。

2008年03月27日

Adobe kulerのDashboard Widgetがおもしろい

kulerDashboard Widgetを、煮詰まったときに眺める。
ひたすら眺める。
そうすると、何か思いつく(かもしれない)。

kuler自体、Webやら紙ものやらのデザインで、ベースカラーをつくるのに使える(と思う)便利なもの。
確か、つくったカラーチップはPhotoshopやIllustratorで使えるスウォッチでダウンロードできたはず。

とりあえず、眺めるという意味ではWidgetの勝ち。

会社勤務時代に、DICとかのカラーチップ眺めてたのに似てる。
楽しいw

2008年03月29日

SHICOOK SOUP空海

最近、四国の方から仕事をいただいてやらせてもらっているので、ふと四国が気になった。
思い返してみると、名古屋より西にはあまり(というより全然)行ったことがない。
陸路で行った一番西が京都。空路なら沖縄。

ふと四国が気になったので、ふとJR四国のWebサイトを見てみた。
SHICOOK SOUP 空海のバナーに興味津々。

なんだかおいしそうですな。
四国産100%らしい。
ネットでも買えるみたいだけど、行って食べたくなった。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】