RSSの購読

About

2008年03月19日 05:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「山下達郎の「ずっと一緒さ」がiTunes Storeに登場」です。

次の投稿は「Evernote Beta使用雑感」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 山下達郎の「ずっと一緒さ」がiTunes Storeに登場 | メイン | Evernote Beta使用雑感 »

2008年03月19日 05:02

USBオーディオでプチプチ音

MacにUSBオーディオ機器を繋いでいて、プチプチというノイズが乗るときの対策方法。

プチプチ音を解消できると思われる、疑うべきところ。

1)USBハブ経由で繋いでないか?
2)USBHDDなど、データ転送量の多い装置をつないでないか?
3)CPUリソースを盛大に使っていないか?

どれにも当てはまらない場合は、僕が知っている範囲ではどうしようもないです。
僕の場合は1番と2番が当てはまる。

Macに2つのUSBポートが付いていて、ひとつにUSB2接続のHDD。

もうひとつが-
USB2ハブ
-タブレット
-液晶のUSBハブ(あまり使わないけど、USBメモリをさしたり)
-USBオーディオ

となっていて、USBオーディオがUSB2ハブの下に入っている。
性能の良いUSB2ハブに変えれば解消されるのかもしれないが、そのためだけにUSB2ハブを買い換えるのも解せないので、接続を変えてみる。

まず、MacにUSBオーディオだけを接続して音楽を再生してみる。

自分の場合、ここでプチプチ音が解消された。
ここでプチプチ音が解消されない場合は、新しくUSBオーディオを買うか、Firewire接続のオーディオに変更した方が良いと思う。

USBオーディオに加え、空いているもうひとつのUSBポートにUSB2のHDDを接続してみる。
ここでプチプチ音が発生しなければ、USB周りの接続を変更するだけでOK。

というわけで、USB2ハブ経由だったUSBオーディオとUSB2接続のHDDを入れ替えることにした。
これで、USBオーディオがマックに直接接続されて、USB2接続のHDDがUSB2ハブ経由で接続されることになった。

たったこれだけのことでプチプチ音は解消。
接続されているデバイスの類も変更無し。

そもそも、USB機器はCPUを使用したり、他の機器の速度に引っ張られたりするので注意が必要な機器。
値段ではUSBオーディオの方が安いが、今回のプチプチ音みたいな問題も発生しやすい。

気になる人は、Firewire接続にするとか、光デジタル入力に対応したアンプを使うと良いと思います。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】