RSSの購読

About

2008年09月25日 05:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「iPhotoの写真にタグ付け」です。

次の投稿は「イメージバトラー 画神鏡」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« iPhotoの写真にタグ付け | メイン | イメージバトラー 画神鏡 »

2008年09月25日 05:45

intel MacでRosettaアプリのキー入力に不具合が出たらやること

Office 2004とかFilemakerランタイムアプリなど、PowerPC時代の遺産で発生するキー入力周りのトラブルを回避する方法。

原因を探るとOnyxでキャッシュを消すと、OnyxがRosettaで使っているキャッシュを消しちゃうのが原因のトラブルみたい。
10.5.2くらいの頃からDiscussion boardにでてたみたいで、言われてみるとそれくらいの頃にATOKを疑って2008にアップグレードしたような気もしないでもない…

まぁ、ATOKアップグレード無駄かもってのは忘れることにしよう…

サックリ直す方法は、Appleから最新版のQuickTimeをダウンロードしてきてインストールするだけ。
QT入れ直すだけで直らない場合の対処方法は分からないです。
手元のMacBook ProはQT入れ直しで直りました。

とりあえず…システムメンテナンス系のアプリには要注意と言うことで。
個人的にはRosettaアプリ使ってる自分もどうなのよ?という感じ。

Office 2004はそのうちバージョンアップできるからともかく、Filemakerランタイムアプリは移行先を探して、さっさと移行していかないとなぁ。

コメント (1)

私も同じトラブルに見舞われました。Officeがらみだとはじめ思っていたのですが、Photoshop elementもダメになってしまい、Rosetta関連だと気づきました。
 やはりOnyxをかけた直後にトラブル発生です。そして、見事QTを入れ直して復活しました。仕事中でしたのであわてておりましたが、このエントリーが大変役に立ちました。メンテソフトは仕事中にするものではありませんね...ありがとうございました。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】