RSSの購読

About

2008年10月07日 14:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「携帯関係を整理してきた」です。

次の投稿は「偽印良品」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 携帯関係を整理してきた | メイン | 偽印良品 »

2008年10月07日 14:40

Windows Vista ログイン画面のスクリーンセーバーを無効にする

VMware Fusion上でスクリーンセーバーを動かしても、特に意味が感じられないのでVistaのログイン画面上のスクリーンセーバーを無効にする。

コントロールパネル上からは操作できないようなので、仕方ないけどregedit.exeを使う。
regeditの起動は、画面左下のスタートボタンかWindowsボタンか分からないところの、「検索の開始」に「regedit」と入力、エンターキーで起動。

regeditを起動したら-

コンピュータ > HKEY_USERS > .DEFAULT > Control Panel > Desktop

20081007143418
(ツリーを下っていった図)

とツリーを下っていく。
Desktopまで下っていくと、右側にゴチャゴチャ出てくるので、その中を操作する。

「ScreenSaveActive」という名前の項目がログイン画面のスクリーンセーバーに関する有効と無効を決めている部分。
1が有効で、0が無効。インストール状態そのままなら、「1」が入っているはず。
「ScreenSaveActive」の名前部分をダブルクリックして、出てきたウィンドウの「値」というところを「0」にしてあげる。

レジストリエディタを終了させれば完了。

これでスクリーンセーバーが起動しなくなったはず。

とりあえず、ログオフしてしばらく眺めてましょう。
ログイン画面でスクリーンセーバーが起動するように標準で設定されてる時間は「10分」。

10分経ってもスクリーンセーバーが起動しなければ、設定成功。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】