RSSの購読

About

2009年02月28日 11:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「HP Officejet J6480」です。

次の投稿は「MVPen for Macのソフトはまだなんだろうか?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« HP Officejet J6480 | メイン | MVPen for Macのソフトはまだなんだろうか? »

2009年02月28日 11:32

FLARToolKitを使ったReactableっぽい習作

FlashでAR(拡張現実)するためのFLARToolKitをユーザーインタフェースとして使って、Reactableを実現しているタンジブル(Tangible)っぽいものをFlashでつくったみた。

ちなみにReactableは、Bjorkのライブでも使われたことがあるような立派な楽器。

こっちのは、Reactableのようなことができるわけでもなく、ただループ音をパンするだけ。

1)PDFをダウンロードして印刷する
2)Webカメラが付いているパソコンでアクセスする
3)カメラのアクセスを有効化する
4)印刷したPDFをカメラの画角に入るようにかざす
5)とりあえず印刷物をカメラに向けてゆっくりと回転させてみる
6)パンしてるのが分かる

ちなみに本当のReactableはこんなの。
時間見つけて、しばらく極めてみたい気がしてきた。

100円くらいで3個入りのプリンを買ってきて、QRコードを3個入りのプリンの底に貼り付けよう。
で、やはり3,000円くらいのWebカメラを買ってきて、天井の方に設置だ。

画面はどうしようね…プロジェクタは高すぎるし…
これは後で考えよう。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】