RSSの購読

About

2009年03月20日 21:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「菅生SA(下り)の牛タンセット」です。

次の投稿は「enoさんのblogがget back soon!になってる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 菅生SA(下り)の牛タンセット | メイン | enoさんのblogがget back soon!になってる »

2009年03月20日 21:01

occur 2009 「交差 The moment a vector crosses.」

菅生SAで牛タンも食べて満足して、occur 2009「交差 The moment a vector crosses.」を見るために宮城県美術館へ。

20090320134114.jpg

これが宮城県美術館。
平屋っぽく見えるのは写真の都合。左奥に向けて上に伸びていく感じ。

いかにも「美術館」って感じの外観だけど、中に入るとちょっと病院っぽい。

20090320142255.jpg

これがお目当ての展示作品「工場と遊園地 Factory and Fantasy」。
プロジェクションされた映像とカメラ入力を使ったインタラクティブ作品で、投影された映像に触れると、映像が変化する作品。

子どもがたくさんインタラクションさせまくってた。
大人も負けずに壁を叩いたりしてたけどね。

この日は展示だけじゃなく、antennasiaという仙台在住のミュージシャンとのパフォーマンスもあった。
さすがにプロジェクタを何台も使った上に、薄暗い(というか暗い)空間でのパフォーマンスは圧巻。良いねぇ。

20090320143134.jpg

作品のキービジュアル。
全体がモノクロで、インタラクションのある部分がカラー。分かりやすい。

いや、実はインタラクティブ作品は分かりにくいのがネックなので重要。

20090323161546.jpg

入り口付近で、すごく興味深いスライドがiMacに表示されてた。
このスライド欲しいんだけどなぁ…監視員みたいな人に聞いたら、配布はしてないから写真で撮っていってくれとのこと。

うーん…残念。2〜3枚撮影したけど、写真じゃなくてスライドが欲しいんだよね。

色々と刺激になる宮城県美術館でした。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】