RSSの購読

About

2009年04月18日 03:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「久しぶりに滝桜を見に行ってきた」です。

次の投稿は「sendmailが使えるはずなのに、使えないレンタルサーバ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 久しぶりに滝桜を見に行ってきた | メイン | sendmailが使えるはずなのに、使えないレンタルサーバ »

2009年04月18日 03:27

Microsoft Expression Web SuperPreviewが起動時に落ちる時にすれば良いこと

Microsoft Expression Web SuperPreview(March Preview)が起動時に落ちてしまう人は、VMware Fusion上で使おうとしてませんか?

それ俺ですorz

このツール、何が便利かというとMS謹製のIE各バージョン向けのテストソフト。
結論から言ってしまうと、SuperPreviewの「何か」が VMware Toolsの「何か」とぶつかって起動できない。
この対処方法がMSのフォーラムに載っていた(ただし英語)ので、そのメモ書き。

1.スタートメニューのファイル名を指定して実行に「regedit」と入力して、レジストリエディタを起動する。

2.左側のツリーから、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\StartMenuInternetと下っていく。

3.左側のツリーの中に、VMWAREHOSTOPEN.EXEというのがあるので、\Shell\open\まで下っていく。

4.commandと書いてある部分があるのでそこを選択して、右側に表示される"C:\Program Files\VMware\VMware Tools\VMwareHostOpen.exe --default http"みたいに書いてある部分をダブルクリックする。

20090418030349.jpg

すると、ウィンドウが開くので、その内容を-

"C:\Program Files\VMware\VMware Tools\VMwareHostOpen.exe --default http"

から

"C:\Program Files\VMware\VMware Tools\VMwareHostOpen.exe"

にする。

5.レジストリエディタを終了して、SuperPreviewを起動する。

これでSuperPreviewが落ちずに起動するようになったはず。

20090418031159.jpg

てっきり、IE8入ってないとダメなのか?と思ってIE8を入れたり、VMware上だとダメなのか?と思ってBoot CampでVista起動してみたり、余計なことばかりしてしまった。

確かにVMware Fusionのせいではあったけど、本体その物ではなくVMware Toolsのせいだったみたいで拍子抜け。
普通に英語でググれば良かった。ホントに。

肝心の使い勝手はと、URLを入力してからWebの画面をつくるのに時間がかかる。
それに、リンクとかはたどれない。これは不便なのでどうにかして欲しい。

そして今のところ、FirefoxやSafariのテストには使えないが、正式版ではFirefoxやSafariのテストもできるようになるらしい。

公式blogで読んだ記憶に間違いがなければ、IE6環境だとIE6のテスト。
IE7の環境だとIE6と7のテスト。
IE8の環境だとIE6と7(8の互換モード)と8のテストに使えるはず。

間違いとはいえ、普段使いになってる仮想マシンのIEをIE8にしたのは間違いだったかなぁ…  
IE8の互換モードを使えば良いんだろうけど、IE7でテストするのとは違うからなぁ。
IE7が入ってるのはBoot Campに入れたVistaだけかぁ…ちょっと不安。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】