RSSの購読

About

2009年05月15日 06:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Leopardのコンソールに多発する「unknown SIGSEGV code 0」の原因はCS4?」です。

次の投稿は「プチ開発合宿と地獄のエステティシャン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« Leopardのコンソールに多発する「unknown SIGSEGV code 0」の原因はCS4? | メイン | プチ開発合宿と地獄のエステティシャン »

2009年05月15日 06:47

オリンパスのマイクロフォーサーズデジカメの発表は6月15日

コンデジが欲しくなったのは良いものの、「これキター!」的に欲しくなるコンデジは未発売、正式発表もされてない機種だったという話の続き。

オリンパスの偉い人が決算説明会の席で、6月15日に正式発表すると話したらしい。コンセプトが「銀塩カメラ、ペンの哲学を継承」ということで、これまでの写真のものとは違う外観になるらしい。

なるほど。「ペンの哲学の継承」というのは悪くない。
しかし、 リコーGRと同じような哲学と戦略を感じる…。
ブランディングって意味では、築いてきた哲学を継承するのはとても良いブランド戦略だと思います。
そして過剰に期待(ペンの哲学!)。

20080923161127.jpeg

この外観、スゴクよかったから、「ペンの哲学」と融合して良い方向に行って欲しいなぁ。バリバリのペンシリーズな外観も全然良いんですけどね。

モックアップには付いてないような気がする「ファインダ」が付いてると良いな。
マイクロフォーサーズにはミラーボックスが無いので、EVF(電子ビューファインダ)がこのサイズの本体に内蔵されてたら、とても意欲的だ。

どうしてファインダ内蔵にこだわるかというと、やはりコンパクトであることに期待してるから。ゴテゴテしちゃうと、バッグに入れた時に困る。もちろん、ゴテゴテしてるカッコヨサもあるから、否定してるわけじゃなく「コンパクトなこと」への期待感。

そして、オリンパスのマイクロフォーサーズレンズに期待。
6月15日が楽しみになってきた!

オリンパス菊川社長、マイクロフォーサーズ機の発表を“6月15日”と発言 ~銀塩カメラ「ペン」の哲学を継承、モックアップとは違う外観に(デジカメWatch)

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】