RSSの購読

About

2009年05月03日 07:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「地ワサビで刺身ウマウマ」です。

次の投稿は「田村の五月祭というのに行ってきた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 地ワサビで刺身ウマウマ | メイン | 田村の五月祭というのに行ってきた »

2009年05月03日 07:32

横倉嘉山の灰皿(?)

20090503072314.jpg

山形県出身の作家「横倉嘉山」の何か。

何かと書いたのは、何に使うものかがサッパリ分からないから。
鉄製の茶器などが有名な作家なので、手前の穴にお茶を捨てる器なのかもしれないし、手前の穴から花がひょいと飛び出していたら、それはそれで花瓶のような気もする。

が、箱には手書きで「灰皿」と書かれていた…やはり灰皿なんだろうか…?

いずれにしても、何かの器であることは間違いないので、何かの器に使えば良いんだろうね。

重厚で安定感のある見た目に、ポッカリと空いた穴。
無骨な表面の素材感などはとても美しい。

だが、何に使うものなのだろう?やっぱり灰皿???

コメント (1)

かっこいい!!
灰皿でしょ。やっぱり。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】