RSSの購読

About

2009年06月24日 06:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「MacBook Proの画面が映らなくなった」です。

次の投稿は「iPhoto 8.0(iLife '09)で管理できる写真の枚数と不安定さ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« MacBook Proの画面が映らなくなった | メイン | iPhoto 8.0(iLife '09)で管理できる写真の枚数と不安定さ »

2009年06月24日 06:13

それでもFlashはなくならない(だろう)

2010年にスマートフォンのほとんどがFlash 10対応に - 米Adobe

リリースマップにiPhoneは書いてないみたいだけど、きっと対応するだろう。
むしろ、対応せざるえないだろう。

それはそうと、タイトルの件。
最近HTML5を眺めたり調べたりしてるわけで、HTML5が普及してようやくFlashの類(Silverlightとか)がいらなくなる、みたいなことを読んだりするわけですが、HTML5が普及したとしても、Flashの類はなくならないんじゃないの?と思える。

というのは、制作環境が整ってるか整ってないかや、使い勝手の問題から、Flashの類に用意されているステキな制作環境を捨てて、すべての制作者がHTML5に行くとは思えない。

ダイナミックな見た目を達成するために、わざわざ面倒な手順を踏みたい人がどれだけいるのかな…

チープなFlashの類めいたものの部分でHTML5は活用されて、Flashの類めいたものはこれまで通り使われ続ける「共存」的な感じになっていくんじゃないのかな?と想像してる。

なんだかんだで、制作環境はFlashの類はスマートだもんなぁ。

コメント (1)

オレも、Flashみたいにプログラマブルにモノが作れる環境とHTML5では、たとえ仕上がりが酷似していたとしても、毛色が違うと思うんで共存可能だと思うし、それぞれに進化をしていくと重いやす。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】