RSSの購読

About

2009年06月26日 08:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「iPhoto 8.0(iLife '09)で管理できる写真の枚数と不安定さ」です。

次の投稿は「iPhotoは結局」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« iPhoto 8.0(iLife '09)で管理できる写真の枚数と不安定さ | メイン | iPhotoは結局 »

2009年06月26日 08:15

なるほどPhotoshop Lightroom 2

Aperture欲しいと書いたけど、他のソフトを試さずに買ってしまうのもどうかと思ったので、出た当初から比べられることの多い、Photoshop Lightroom 2の体験版も入れてみた。

ちょっと使ってみた感じだとLightroom 2は、「Bridge + PhotoshopのRawデータ現像機能 + ちょっとした編集機能」が特徴みたい。

写真の管理では、Bridgeで管理してるのと変わらない感じで、Bridge上でPhotoshopより便利に現像ができて、Photoshopほどではない、ちょっとした編集機能がある感じ。

Photoshopを買うまでもない層がターゲットなのかな?
少なくとも、そんな風に感じた。

Rawデータの現像はこれまで通りDigital Photo ProfessionalかPhotoshop CS4で、JPEG画像の管理をしていくと割り切るなら、断然Apertureかもしれないなぁ。

正直なところiPhotoに不満があったわけではないので、大量の枚数でも安定してくれたら良いんだけど、それはパーソナルユース向けソフトの仕方ないところなのだろうか?

というか、初期iPhotoから使い続けてる人のライブラリって、25,000枚越える人なんかザラだと思うんだけど…

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】