RSSの購読

About

2009年07月10日 08:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「江戸東京博物館 特別展「写楽 幻の肉筆画」」です。

次の投稿は「エヴァだよ!エヴァなんだよ!動け!動け!!動いてよ!!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 江戸東京博物館 特別展「写楽 幻の肉筆画」 | メイン | エヴァだよ!エヴァなんだよ!動け!動け!!動いてよ!! »

2009年07月10日 08:42

仕事と情報の整理術 「GTDセミナー」へ行ってきた。

日本のGTDでは先駆者な百式IDEA*IDEAの管理人「田口 元」さんが講師をしてくださる、仕事と情報の整理術 「GTDセミナー」に行ってきた。

個人事業主になってから、会社の中の人になった今までのあいだ。
そしておそらく、これからも…仕事のやり方ってのは、毎日のように改善していかなきゃならないわけで、GTDを知ってからは、見よう見まね的にそれとなくやってきたわけです。

そもそも、「仕事術」なんてのは自分に合ってないんですね。
なんだか小難しい言葉で「あれこれ」させられるし、この日にはアレをしろとか、非情に小難しいし、習慣化しにくい。
で、GTDになったわけです。はい。

GTDは、どっちかというと仕事術というより、整理術というか、指針というか、コンセプトみたいなものだったので、「あー、これは参考にしよう」と思ったので、見よう見まね的にそれとなくやってきたわけですね。

もっとも、それとなくやってきたわけなので、誰か体系化されて実践してる人がいるなら、その人の話を聞いてみたかったんですね。
本を読む、でも良いんだけど、できれば聞いてみたかった。

昨日のセミナーで、「それか!!」と感じたのは、GTDは「todoリストの管理術で、全体を見渡すことで、今やることに100%集中しようよ」ということ。

つまり、つくるならすべてのtodo項目を列挙しちゃいなさいよ、ってことでした。
肝はそこかー…すべての項目のtodo項目は、残念ながら把握してなかった。

たしかに、すべてのtodo項目が分かってれば、『その仕事の終わりはどこなのよ?』ってのは分かりやすいし、どこなのよ不安感なストレスは減る。

とりあえず、セミナーで必須ツールとしてあげられてた5つは、すでにやっていたので、自分ではこんな感じ。

1)リスト管理のツール
iCalとtracで、プロジェクト下のtodoリストはtracに入れる。

2)収集のためのツール
iCalとtracにEvernoteとYojimboをプラス。
年がら年中MacBook Pro持って歩いてるワケなので、Evernoteは一時的に突っ込む場所で、そこからiCal / trac / Yojimboに振り分け。

3)リマインダーツール
iCalとtrac。

4)カレンダー
iCalとtrac。

5)メール
Apple MailとGMail

みたいな感じだったので、使い方とかをもっと工夫していこうと思います。はい。

GTDって何よ?とか、興味あるしやってみたいという人は…

図解GTD──5つのプロセスをイメージで捉えよう
News Clipping TimelogでGTD!
Getting Things Done (a.k.a. GTD) part (2)

あたりを読んだり、GTDの提唱者なデビッド・アレンがオリジナルを書いて、講師の田口さんが翻訳した「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 」を買って読んでみると良いと思います。

とりあえず、机の上や資料はいつもキレイにしておこうぜ!!なのです。
…どうも、忙しくなると汚くなるからダメですな。

使い方の工夫なんかがあったり、モデルケース風にまとまってきたら、随時書いていこうと思います。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】