RSSの購読

About

2009年09月03日 10:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今日のランチは自作スープカレー」です。

次の投稿は「AIR DOのWebサイトが使いにくい件」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 今日のランチは自作スープカレー | メイン | AIR DOのWebサイトが使いにくい件 »

2009年09月03日 10:50

Snow Leopard入れた。SCPlugin動かなくなった。

8月25日に「Mac OS X 10.6 Snow Leopard Up-To-Dateプログラム」を注文。
9月1日にSnow LeopardのUp-To-Dateプログラムのメディア到着。
入れるかなぁ、入れないかなぁと迷っていて、結局入れた。

だって、Safariの表示が速くなってたり、Mailの動作が速くなってるんだもん…
そりゃ、遅いか速いかで言えば速い方が良いです。常用アプリだし。

入れる時は、一度Leopardが入ってるハードディスクを初期化してからインストールして、Time Machineしているハードディスクから移行。
Tiger→Leopardの時に上書きしてトラブったのを思い出したので、できるなら初期化してからインストールということに。

ちなみに、トラブルというか動かないソフトはあります。
分かってる範囲では、次のような感じ。

・Adobe Acrobat 9 Pro
動作自体は問題ないですが、 PDFプリンタがきちんと動きません。そのへんは、Adobeも既知の問題として取り扱っているようなのでアップデートを待つしか無さそう。

・LimeChat
Snow Leopard対応版を入れれば大丈夫。

・ClamXav
まだベータ版だけど、 Snow Leopard対応版を入れれば大丈夫。

・Cyberduck
こちらも、Snow Leopard対応のベータ版を入れれば大丈夫。

・DoBeDo(Dashboard Widget)
DashboardでiCalのToDoを確認、編集できるWidgetなDoBeDoはまだ、Snow Leopardに対応してないみたい。
別のを探すか、対応するのを待つしかないみたい。

・SCPlugin
一番影響として大きいのがSCPlugin
8月末の時点で本家にも書き込まれているとおり、動かないです。
正直なところ、コマンドラインは面倒くさいです。
Snow Leopard対応版が出るまでは、動くのを確認したsvnXを使うことにします。
Mac向けのSubversionクライアントは他にも、VersionsiSVNというのもあって、svnXより使いやすそうだけど、動作確認はしてません。
ちなみに、Versionsは有料です。UIはきれいなんだけど…ちょっと高いなぁ。

今のところこんな感じです。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】