RSSの購読

About

2009年10月19日 07:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「tracのwikiで整形済みテキストに文字色を適用する方法」です。

次の投稿は「農作業をしてケガ→ポーションめいた容器の液体で治療」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« tracのwikiで整形済みテキストに文字色を適用する方法 | メイン | 農作業をしてケガ→ポーションめいた容器の液体で治療 »

2009年10月19日 07:29

Snow Leopardで、ExposeやSpacesのショートカットが効かなくなった時の直し方

ExposeをF9〜F12(昔のデフォルト?)、SpacesをF8に割り当てて使ってる(デフォルト?)。

Snow Leopardにしてから、スリープからの復帰直後なんかにExposeやSpacesのショートカットが効かなくなることがたまにあって、不自由してたわけですが、直し方が分かったのでメモ。

直し方にはふたつの方法があって、ひとつはアクティビティモニタを使う方法。
もうひとつがTerminalを使う方法。

アクティビティモニタを使う方法は、まず、Macintosh HD > アプリケーション > ユーティリティから、アクティビティモニタを起動する。

20091019072236.jpg

Dockというプロセスが起動しているはずなので、Dockを選択して、アクティビティモニタウィンドウ左上の、「プロセスを終了」をクリックする。

終了を確認するダイアログが表示されるので、終了する。
Dockが消えて、Dockが再起動して表示されると、ExposeやSpacesのショートカットが直っているはず。

Terminalからやる方法はもっと簡単で、Macintosh HD > アプリケーション > ユーティリティから、ターミナルを起動する。

ちなみにうちは、iTermを使っているのでiTermを使って作業。

ターミナルのウィンドウが表示されたら…

killall Dock

と入力する。
やはり、Dockが消えて、 Dockが再起動して表示されると、ExposeやSpacesのショートカットが直っているはず。

どちらかの操作で、ExposeやSpacesのショートカットが直るのを確認したので、大抵は直るんだと思う。

ちなみに今までは、Macを再起動してた…
ExposeやSpacesのショートカットが効かなくなる不具合は、Leopardのころは無かったようなきがするので、根本的には、アップデートで対応してもらうのがベスト。

いつ、この不具合に対応したアップデートが出るのかな。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】