RSSの購読

About

2009年10月28日 07:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「NHK クリエイティブ・ライブラリー」です。

次の投稿は「セブンイレブン 7iRO CAFEの「酪王牛乳を使ったシュークリーム」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« NHK クリエイティブ・ライブラリー | メイン | セブンイレブン 7iRO CAFEの「酪王牛乳を使ったシュークリーム」 »

2009年10月28日 07:14

VNCやFreeNXで接続した時に、キーボードレイアウトが変わってしまうのを抑制

CentOSでつくったFreeNXサーバで、という前提で。
おそらく、VNCでも同様の方法で抑制できるはず。

・gconf-editorをインストール
yum install gconf-editor

・ターミナルを起動して、./gconf-editor &をして、gconf-editorを起動する。

・desktop > gnome > peripherals > keyboard > generalと進む。
disable_sysconfig_changed_warningにチェックを入れる。

・gconf-editorを終了して、ターミナルに戻る。

・cp /usr/share/xmodmap/xmodmap.jp ~/.xmodmap.jpとする。

・自分のホームディレクトリで、vi .xinitrcをして
xmodmap ./.xmodmap.jp
とする。

これで日本語キーボードになったはず。
うちの環境では、これでWindows上のFreeNXクライアントからCentOS 5.3 x86_64上のFreeNXサーバに接続した時、きちんと日本語キーボードとして使えるようになりました。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】