RSSの購読

About

2009年11月10日 14:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「フレッシュネスバーガーのベジタブルバーガー マッシュルーム」です。

次の投稿は「かわまた銘品館 シルクピア2階 本格手打ち「蕎麦六」の蕎麦を食べてきた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« フレッシュネスバーガーのベジタブルバーガー マッシュルーム | メイン | かわまた銘品館 シルクピア2階 本格手打ち「蕎麦六」の蕎麦を食べてきた »

2009年11月10日 14:13

Mail.app(Apple Mail)でGMailをIMAPとして使うウマイ方法

Google Appsに独自ドメインを設定して、Mac OS X付属のMail.app(Apple Mail)でGMailをIMAPとして使うことにしたので、その設定方法を調べてまとめた。

僕の設定方法は次のような感じ。

GMailにログインし、設定ページに進む。

「メール転送とPOP/IMAP」からIMAPアクセスを有効にして、変更を保存する。
次に、「Labs」からIMAP拡張モードを有効にして、変更を保存する。変更を保存するには、最上部か最下部にあるボタンを使う。

20091110113429.jpg

設定ページの「ラベル」に、IMAPで表示という項目が表示されるようになるので、システムラベルにあるシステムラベルの「スター付き」と「すべてのメール」、それとラベルにあるすべて(その他、重要、要対応など)の「IMAPで表示」を無効にする。

Mail.appを起動し、環境設定のアカウントを表示する。
アカウントの下にある「+」ボタンをクリックし、アカウントを追加する。

アカウントを追加のウィンドウが表示されたら、次のようにする。

(アカウント)
氏名:差出人で表示したい名前
メールアドレス:GMailのアカウントになるメールアドレス
パスワード:GMailのパスワード

(受信用メールサーバ)
アカウントの種類:IMAP
説明:メールボックスに表示されるメールボックス名。メールアドレスにしてる。
受信用メールサーバ:imap.gmail.com
ユーザ名:GMailのアカウントになるメールアドレス
パスワード:GMailのパスワード

(送信用メールサーバ)
説明:リストで表示される送信用メールサーバ名。「メールアドレス SMTPサーバアドレス」にしてる。
送信用サーバ:smtp.gmail.com
このサーバのみを使用:チェック
認証を使用:チェック
ユーザ名:GMailのアカウントになるメールアドレス
パスワード:GMailのパスワード

メーリングリストや自分で自分にメールを送る場合など、自分が送信したメールもMail.appで受信したい時には、送信用メールサーバをGMail(smtp.gmail.com)ではないものにして、アカウントの「メールボックスの特性」にある「送信済みメッセージ」の「送信したメッセージをサーバに保存」のチェックボックスを外す。でないと、自分発自分着は破棄される。

Mail.appとGMailのそれぞれのメールボックスを調整するために、「このメールボックスの用途」を設定する。

Mail.appの左側にある「メールボックス」の下の方に、先ほど追加したメールアドレスがあるのを確認する。僕のところではこんな感じ。

20091110113823.jpg

この、[Gmail]の下にあるそれぞれのメールボックスを、Mail.appのメールボックスの用途に合わせて対応させていく。

20091110114045.jpg

画像では、例として[Gmail]のゴミ箱を、Mail.appのゴミ箱と対応させようとしている。

画像のように、[Gmail]の「下書き、送信済みメール、ゴミ箱、迷惑メール」をMail.appのメールボックスに対応させれば完了。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】