RSSの購読

About

2010年04月14日 07:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Adobe CS5へのアップグレードと、Design PremiumとWeb Premiumの違い」です。

次の投稿は「Adobeは、Flash Playerをつくりなおすつもりはないのかな?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« Adobe CS5へのアップグレードと、Design PremiumとWeb Premiumの違い | メイン | Adobeは、Flash Playerをつくりなおすつもりはないのかな? »

2010年04月14日 07:58

Flash CS5目玉機能と思われたPackager for iPhoneの話

超楽しみにしてたので、iPhone OS 4.0の規約変更による、Packager for iPhoneのライセンスのグレー化は、Appleにちょっと失望…というほどでもないけど、ガッカリ。

Objective-Cなどの言語以外からiPhone APIを使うことが問題と思っていたけれど、どうやら違う見解もあるらしい。

だが広義の意味でSDKについて考えた場合、アプリのApp Store経由での配布にはAppleの電子証明書ツールやプロビジョニング用プロファイルなどの導入が必要であり、これをWindows上で動作させることに問題があるのではというのが同氏の意見だ。
Flash CS5のiPhoneアプリ書き出し機能はライセンス違反!? - 元Adobe技術者が指摘 - マイコミジャーナル

なるほど。

Packager for iPhoneにそこまでのツールが含まれてるのかどうか知らないので、何とも言えないけれども、しかし言われてみると納得。

Flash Professional CS5 Windows版からこの機能を削除または無効化することで、少しでもグレーじゃなくなるなら、削除してしまって構わないと思う。

Macも昔と違って、そんなに高いわけではないですから。
とはいえ、Adobeが高いんですけどね。
…国内だとクロスアップグレードできないみたいだし。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】