RSSの購読

About

2011年02月03日 09:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シメジとカリカリベーコンのクリームパスタ」です。

次の投稿は「今日のランチは黒オリーブと豚肉のトマトソースパスタ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« シメジとカリカリベーコンのクリームパスタ | メイン | 今日のランチは黒オリーブと豚肉のトマトソースパスタ »

2011年02月03日 09:11

Mac OS XのGNU screenで、起動時にウィンドウをリサイズさせない方法

Mac OS X 10.6 (Snow Leopard) のGNU screenかつiTermを使っている方向けのTipsです。

iTermの設定で、ウィンドウ幅を100文字にしているのですが、GNU screenを起動すると、80文字くらいにリサイズされてしまいます。

当然ですが、リサイズされて便利なはずありません。

しばらく…というか、ずいぶん長いこと気にしないで使っていたのですが、あまりにも不便だなと感じたので、先に解決された方がいないかググってみましたた。

案の定、「GNU Screenの起動時やアタッチ時にターミナルをリサイズさせない方法」を書いてくださっている方がいたので、記事ではMacのGNU screenとは書いてないですが、なんとかなるだろうと期待してやってみました。

環境変数TERMのtermcapinfoを設定するので、まずは、TERMがなんなのか調べます。

$ echo $TERM
xterm

自分の環境ではxtermらしいので、上のサイトで紹介されているxterm用の設定を.screenrcに追加します。

$ cd
$ vim .screenrc

人によってはvimが入ってないと思うので、viあたりでやってください。

そして、.screenrcに次の行を追加します。

termcapinfo xterm 'is=\E[r\E[m\E[2J\E[H\E[?7h\E[?1;4;6l'

そしてファイルを保存して閉じる。

追加したら、GNU screenを起動してみましょう。

起動しても、ウィンドウ幅がリサイズされないことを確認して、完了です。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】