RSSの購読

About

2011年02月12日 17:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今日のランチは黒オリーブと豚肉のトマトソースパスタ」です。

次の投稿は「今までFinderで見えなかったWindows 2008 Serverが、とつぜん見えるようになった」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 今日のランチは黒オリーブと豚肉のトマトソースパスタ | メイン | 今までFinderで見えなかったWindows 2008 Serverが、とつぜん見えるようになった »

2011年02月12日 17:14

コルクボードでイヤホンやUSBケーブルをキレイに収納するライフハック

デスクの近くやリビングで、コルクボードを使って書類や郵便物、人によってはメモ用紙やポストイットを使ってtodo管理をしている人も多いかと思います。

そのコルクボードに、100円ショップのアイテムを使って、身の回り(特にパソコン周りですが)のケーブルを簡単かつキレイに片付ける、ライフハックを紹介します。

買ってくるのは、ステンレスミニフックと古典的な画鋲のふたつ。
あらかじめフック上になった画鋲もあるのですが、見た目が悪いのと、後ろで指摘する機能性のところに難があるので、自分はこの方法がベストだと考えてます。

20110212_16-36-54.jpg

気づいた方もいると思うのですが、このふたつを使って、コルクボードに抜き差し自在のフックをつける、というわけです。

基本のかたちはまずこちら。
それぞれ、ひとつのミニフックと画鋲を使います。

20110212_16-38-18.jpg

このフック、背面に壁に貼り付けるためのシールが付いているので、画鋲をこのシールに貼り付けます。

ケガをしないように、出来る限りしっかりと。
できあがりはこんな感じです。

20110212_16-38-54.jpg

これをコルクボードに刺してやると、こんな風になります。

20110212_16-39-36.jpg

ほら、見た目も悪くないでしょ?
写真がちょっとショボショボなのは…スミマセン。

自分はここに、iPhoneのイヤホンマイクをかけてます。

20110212_16-40-25.jpg

これなら、からまることもなく、デスクの上でケーブルがのたうち回ることもなく、キレイに片付けておけます。

刺さっている力も意外と強いので、携帯電話の充電器くらいなら余裕です。

しかし、この基本のコルクボードフックには難点があって、一本の画鋲なので、グルグルまわってしまいます。

ケチケチせずに画鋲を二本使いましょう。

20110212_16-41-50.jpg

フックの抜き差しがちょっと面倒になりますが、これでフックの回転は抑えられます。

しめて210円で何本かできるケーブルフックの完成です。

ケーブルも、箱の中に片付けてみたり、いろいろ方法もあると思いますが、この方法だと、見栄えもそんなに悪くせずに、キレイに、そして使いやすくケーブルを収納できます。オススメです。

とっても簡単なライフハックですが、手軽に試すなら、完成品の画鋲型フックも売っているので、そちらを試すのが手っ取り早いかと思います。

ちなみに、真ん中の「かけまくり」は、住宅の壁なんかに使われている石膏ボードに刺せるタイプのようです。

既に商品があるのに、それでも自分が自作しているのは、見た目と2本の画鋲でしっかり抑えたいからです。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】