RSSの購読

About

2011年03月07日 10:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「伊達地鶏の鶏ガラをとる」です。

次の投稿は「Apple 「2011 年 3 月の東日本大震災による被災地向け特別修理サービスのご案内 」を発表」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 伊達地鶏の鶏ガラをとる | メイン | Apple 「2011 年 3 月の東日本大震災による被災地向け特別修理サービスのご案内 」を発表 »

2011年03月07日 10:29

iCalのTo Doと、Appigo Sync経由のAppigo Todoとの同期がうまくいかない時にすること

iCalのTo DoをiPhoneで読み書きするのに、Appigo Todoという便利なアプリを使ってます。

このAppigo Todoは、iCalのTo Doと同期するためにAppigo SyncというMac用アプリを使うのですが、少し前から、Appigo SyncとiCalのTodoで同期に失敗していたようです。

どこで同期に失敗していたのかを知ったのかというと…

20110307_10-23-40.jpg

Appigo Sync 環境設定の詳細設定にある、「今すぐ同期」ボタン下の、最後の同期日時が少し前だったんですね。

iPhoneから何度同期させても、このウィンドウの今すぐ同期を押しても、ぜんぜん同期日時が新しくならない…
なので、Macでは常套手段。設定ファイルを削除して、最初からやり直しちゃおう作戦で直します。

手順は7ステップ。

1)Macのメニューバーから、Appigo Syncを終了する。

2)~/ライブラリ/Preferences/com.appigo.Appigo_Sync.plist のファイルをとりあえずデスクトップに移動する。

3)Appigo Syncを起動する。

4)Appigo Syncから同期の不一致とかを聞かれるので、自分の都合に合わせて不一致を解消する。

5)iPhoneのAppigo Todoを起動して、Appigo SyncのデバイスにiPhoneを追加する。

6)iPhoneのAppigo Todoで、同期化データをリセットする。

7)きちんと同期できたら、2でデスクトップに移動したcom.appigo.Appigo_Sync.plistを削除する。

何が原因だったのかは分からないのですが、上記ステップでかんたんに直りますし、Appigo Syncの開発者ではないので、調べても時間が奪われるだけで良いことはないので、気にしないことにします。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】