RSSの購読

About

2011年07月14日 07:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「iPhone版Final Fantasy Tacticsは延期か…」です。

次の投稿は「あまりに暑いので、電動かき氷機を購入!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« iPhone版Final Fantasy Tacticsは延期か… | メイン | あまりに暑いので、電動かき氷機を購入! »

2011年07月14日 07:51

LinuxカーネルでXenがフルサポートされるみたい

KVMがサポートされたRed Hat Linux 6やCentOS 6.0がリリースされたわけですが、ようやくXenがLinuxカーネルでサポートされることになったようです。

リリースから8年近くたち、XenはようやくLinuxカーネルに組み込まれることになった。理屈の上ではKVMと同じ土俵に立てたといえるが、Red HatがXenをサポートしない限り、Xenの対抗は難しい。(Tech Target Japan

ようやくと言えばようやくですし、遅すぎると言えば遅すぎるなのですが、少しでも生き残ると良いですね。

Xen押しのようなことを書いてますが…そうです。Xen押しです。

どうしてXen押しかというと、準仮想化の実行パフォーマンスの良さが好きだからです。

完全仮想化もずいぶんパフォーマンスが上がってきたので興味があります。
KVMも使ってみようと思ってます。

ですが、もしXenがきっちりサポートしてもらえるなら、KVMへの全移行なんていう、ドキドキするような作業がなくて済むわけなので、きっちりサポートしてもらうのは、自分にとって都合がいいです。

ふと気になったのですが、節電を考えたとき、仮想化はひとつの手段として最高の場所にいると思うのですが、完全仮想化と準仮想化で、どちらが節電に良い影響を与えるんでしょうね?

興味深いところです。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】