RSSの購読

About

2011年11月11日 04:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ATOK Passport登場で、月額300円でMacもWindowsもAndroidもATOK使い放題」です。

次の投稿は「cafe narumariの小鉢にふくしまの郷土料理「イカ人参」!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« ATOK Passport登場で、月額300円でMacもWindowsもAndroidもATOK使い放題 | メイン | cafe narumariの小鉢にふくしまの郷土料理「イカ人参」! »

2011年11月11日 04:53

Adobe Creative Cloudと、CS6パッケージ版へのアップグレードポリシー変更について

ついにAdobe Creative Cloudのアップグレードポリシーと価格が発表に。
Adobeの発表ページを見ても分かりにくいので、まとめると次のような感じになります。

Adobe Creative Cloudの価格と特長

  • Adobe Creative Suite Master Collectionに含まれているすべてのツールとβ版(リリース前の)ツールが使える
  • Adobe Creative Cloudメンバーシップ(個人):月額5,000円(税別・年間契約時のアドビストア予定価格)
  • Adobe Creative Cloudメンバーシップ(ワークグループ・1台あたり):月額7,500円(税別・年間契約時のアドビストア予定価格)

Adobe Creative Cloudの説明を読んですごく分かりにくい部分は、アップグレードポリシーが変更されるのは、パッケージ版とライセンス版だけということです。

Adobe CS6シリーズパッケージ版へアップグレードできるバージョン

  • Adobe CS5.5およびCS5シリーズ
  • CS6には、CS5より旧いバージョン(CS4やCS3、CS2)からのアップグレードができない
  • CS5より旧いバージョンを持っていて、CS6のパッケージ版を使いたい人は、CS5.5およびCS5にアップグレードしておく必要がある
  • ライセンス版も買取版と同じアップグレードポリシーとなる

(すごく重要) 注意しなくてはいけない点

  • CS6からもパッケージ版を使いたい場合、ひとつ前のバージョン(CS6のひとつ前なので、CS5.5とCS5)からしかアップグレードできない
  • パッケージ版やライセンス版を継続したい場合は、CS6のリリース前にアップグレードするか、Creative Cloudへの移行を検討する必要がある
  • 2012年度は、パッケージ版やライセンス版のアップグレード版を提供する予定(2012年度以降については書いてない)

ということになるようです。
手っ取り早く書くと…

今後もパッケージ版を使いたい人は、CS6からアップグレードポリシーが変更になって、ひとつ前のバージョンからしかアップグレードできなくなるから、CS4〜CS2のパッケージ版使ってる人は、CS5.5のアップグレード版買ってください。

ということのようです。

CS2/3からCS5.5へのアップグレード版の値段を調べてみると…

という感じなので、CS2/3を使っていて、CS6からもパッケージ版を使いたい人は、今回のアップグレードは逃せないということになりますね。

そういう自分も、たしかCS3か4のパッケージ版があるので、アップグレードしないとパッケージ版のアップグレード権利がなくなってしまうのです…。

迷うところです。

CS6が正式に発表されれば、アップグレード版からの無償アップグレードがあると思うのですが、毎回買うのに苦労するので、先回りアップグレード版を買いたい人がいれば、アップグレード版購入のキャッシュバックキャンペーンを、ADOBE CREATIVE SUITE 早得キャッシュバックキャンペーンADOBE CREATIVE SUITE ライセンス版 バージョンUP!期間限定割引キャンペーンとしてやってます。

CS6もパッケージ版やライセンス版を使うよ!という人で、今のうちに買っておきたい人には、いい話だと思います。

まとめ元にしたAdobeのサイトはこちら

(2012年1月13日) AdobeからCS3, CS4からもCS6へアップグレードできるようにしたとメールがあり、やはり作文だったので「Adobe CS6へのCS3, CS4からのアップグレードポリシー変更」としてまとめました。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】