RSSの購読

About 2012年01月

2012年01月にブログ「Creatiblog:310326」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月 アーカイブ

2012年01月04日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

2011年中は大変お世話になりました。
2012年もよろしくお願いします。

まるでテンプレートのようですが、本当に今年もよろしくお願いします。

去年のお正月は、まさかあれほどの地震があったり、まさか原発が事故を起こすとは思ってもいませんでした。

地震からの復興も、原発からの復興も、また原発にいたっては、これからどうなってしまうのか、本当に想像もできないのですが、自分はもちろん、すべての人にとって、幸多い年になってほしいと、心から願っています。

20111223_21-55-29.jpg

堅苦しい感じでしたが、今年もお正月にイカニンジン食べました!
これ食べないと、やっぱり新年って感じがしないんですよね。

ふくしまの元気!応援 CM大賞 2011 三春町で応募したCMをつくらせていただきました

三春町商工会青年部さま、国際アート&デザイン専門学校CG科の学生さんと、2011年度のふるさとCM大賞作品をつくらせていただきまして、ありがたいことに、準グランプリに相当する東邦銀行賞を受賞させていただきました。

制作するCMのアイディアはいろいろとあったのですが、2011年は本当にいろいろなことがあって、三春町についての郷土愛をあらためて認識させられた年でした。

そんな中で今回の応募作品をつくる機会を与えてもらい、いろいろな方々からいただいた応援の、三春町からのお返事にもなるような作品をつくれたらと考えて、三春の「三」という漢字を3つの「I(わたし)」の文字に読みかえ、さらにその「I(アイ)」の文字を伊達政宗の正室だった愛姫(めごひめ)の「愛」と重ね合わせ、「3つのIがある三春町」篇を制作させていただきました。

このようなチャンスをくださった三春町商工会青年部さんと、協力してくださった国際アート&デザイン専門学校さん、creatableさん、出演してくださった方々と、素敵な笑顔の子どもたちに感謝。

スタッフリスト

クリエイティブディレクター、プランナー、コピーライター
佐藤 充(株式会社マユックス
編集
長谷川 翼(国際アート&デザイン専門学校 CG科1年)
佐藤 充(株式会社マユックス
VFX
長谷川 翼(国際アート&デザイン専門学校 CG科1年)
作曲
菅井雄作(creatable
出演
三春町に住むみなさま、そして子どもたち!
クライアント
三春町商工会青年部

2012年01月13日

Adobe CS6へのCS3, CS4からのアップグレードポリシー変更

以前書いた「Adobe Creative Cloudと、CS6パッケージ版へのアップグレードポリシー変更について」の記事では、CS6にはCS5より旧いパッケージ版を使っている人が、実質切り捨てと書いていたのですが、Adobeから「CS3およびCS4をご利用のお客さまを対象としたCS6アップグレード版について」というメールが届きました。

やはりこのメールとAdobeのWebサイトが作文で書かれていたので、箇条書きでまとめると、次の3点となります。

  • CS3, CS4からCS6へのアップグレード版を提供することにした
  • CS3, CS4からCS6のアップグレード版は2012年12月31日まで提供する
  • CS6アップグレード版の詳細と価格は、CS6発表時に案内する

これで、CS3やCS4を使っている人が、急いでCS5 / CS5.5を買ったり、優待アップグレード狙いでCS6発売ギリギリに買わなくて良くなったわけですね。

それでも、今度のCS6での本命はパッケージ版ではなく、Adobe Creative Cloudでしょうから、過去のパッケージ版を所有の人が、Creative Cloudを優遇して使えそうな発表がなかったのは、残念です。

熊野名物 さんま寿司

何ヶ月か前にNHKで早朝にやっていた番組で、三重県熊野市の名物にさんま寿司というのがあって、それがとても美味しそうだった!と言っていたら、その熊野が実家の友人から、自家製のさんま寿司をいただいちゃいました。

20120112_18-15-44.jpg

自家製なのにこの美しさ!

飾りの葉っぱも良い感じです。プロっぽい。

20120112_18-20-13.jpg

さっそく、友人オススメの2cm幅くらいで切ってみる。

断面はこんな感じ。きれい。

20120112_18-21-55.jpg

うまそう…。

食べてみると、ちょうど良い感じの塩味に、ゆずの香りがふわっとして、これがうまいのなんの。

あっという間に食べ進み…

20120112_18-43-17.jpg

もうこれしかない!

というか、こんなにも美味しいと、ひとりで1匹食べるとか余裕!!

これはうまいですね。
自分でつくれそうで、いざつくるとなると、かなり難しそう。

ちなみに熊野の観光情報サイトで、さんま寿司のつくりかたが紹介されているので、つくってみようかな、というかたはぜひ試してみてください。

2012年01月26日

Evernoteがぜんぜん ever じゃなかった。ノート数は1ユーザーあたり最大100,000ノート(ただし今のところ)。

平野百貨店さんがtweetするまで、すっかり忘れてたんですけどね…。

Evernote Knowlede Base > アカウントのデータ上限の概要によると

  • ノート数:100,000
  • ノートサイズ:無料ユーザなら最大25MB / プレミアムなら50MB
  • 同期済みノートブック(スタック含む):250
  • ローカルノートブック:上限なし
  • タグ:10,000
  • 保存された検索:100

Evernoteのドキュメントでは、Androidってとこの下に書いてあるんで混乱しやすいんですが、ノート数は10万件が最大数です。

何しろ、Wikipedia(英語)にすら書いてあります。

どこかでノート数100,000って見たなあ…と思ってたら、Evernote APIに書いてあるのを見てたんですよ…

EDAM_USER_NOTES_MAX i32 100000
Maximum number of Notes per user

って。

Maximum number of Notes per userなので、1ユーザーあたりの最大ノート数は100,000ノートになります。

ちなみに、Knowledge Base > Mac > 1 つのアカウントでいくつのノート、ノートブック、タグに対応できますか?では、思わせぶりな書き方です。

  • 現在、無料およびプレミアムの Evernote アカウントで、250 のノートブック、10,000 のタグ、総計 100,000 のノートまで対応できます。

この「現在」ってのが思わせぶり。

毎日200…はないと思うんですが、毎日50くらいノートをつくっていったら、2,000日(5年とちょっと)でEvernoteのノート数制限に引っかかっちゃうんですね。

仮に、毎日50個のノートをつくって、そのうち20個をゴミ箱に入れて、かつゴミ箱を空にしたとしても、30個のノートが毎日増えるわけなので、3,333日(9年ちょっと)でEvernoteのノート数制限。

ノートを書く以外に、Evernote HelloEvernote Food、それとSkitchにWebクリップ、仕事のファイル(Dropboxに入れた方が良いと思いますが)…なんてやってたら、気がついたら100,000くらいノートつくってそうですね。

100,000で足りるだろう、100,000で足りるように使えばいいだろう、というのも悪い使い方ではないと思うのですが、あとどれくらいノート使えるのかな?と余計な心配しないで使えるように、ノート数の最大が無限に近いと良いですよね。

Mac版Knowledge Baseに書いてある思わせぶりな「現在」が、本当に今ただただ偶然100,000の最大数で、将来的にノートの最大数を増やしてくれると良いんですけどね。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】