RSSの購読

About

2012年08月09日 08:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Mountain Lionにしたら、svnXから「svnがないよ!」と言われるようになったのを対処した」です。

次の投稿は「ユニフレーム社の「がんばろう!東北」シェラカップ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« Mountain Lionにしたら、svnXから「svnがないよ!」と言われるようになったのを対処した | メイン | ユニフレーム社の「がんばろう!東北」シェラカップ »

2012年08月09日 08:27

福島Game Jam 2012 in 南相馬

福島Game Jam 2012 in 南相馬が今年も開催されました!

昨年開催された福島GameJam in 南相馬の記事はこちら

2012年8月4日〜5日の2日間、北は青森から西は高知までの開発者が南相馬市のゆめはっとに集まっての30時間でゲーム開発です。

20120809_07-19-36.jpg

今年は事務局・公式カメラマンとしてバシバシ写真を撮らせてもらいました。

今回も開発参加ではなく、スタッフ参加でスミマセン。

撮った写真は、「Fukushima Game Jam 2012 in Minami Soma - 福島ゲームジャム 2012 in 南相馬 高解像度版」と「Fukushima Game Jam 2012 in Minami Soma 2 - 福島ゲームジャム 2012 in 南相馬 高解像度版 その2」から見ることができます。

今年の福島Game Jamはバスの発着が東京と郡山の2箇所となり、特に北東北からの参加者には大変だったかと思いますが、東北からは青森県から福島県まで、広いエリアからの参加がありました。

また、今年の福島県内からの参加者さんは、自分が非常勤講師をやらせてもらっている国際アート&デザイン専門学校国際情報工科大学校だけでなく、南相馬市でSEをしている方や、昨年が試験期間などで参加できなかった会津大学や日本大学工学部の学生さんが参加してくれました。

本当に感謝です。

郡山からのバスは、今年の開催に協賛いただいた国際アート&デザイン専門学校と国際情報工科大学校のある郡山駅東口から出発です。

20120804_08-30-40.jpg

バスの中では、自己紹介や南相馬市の歴史を象徴するイベントのひとつである、相馬野馬追のビデオなどを上映し、歴史や文化などを学んだりしました。

20120808_12-18-54.jpg

向かう道中の川俣町にある道の駅で、会場のある南相馬市の原町高校合唱部のバスと偶然会ったりもしました。

郡山駅東口を出発して途中の休憩をはさんでおよそ2時間で、南相馬市のゆめはっとへ到着すると、チーム編成が発表されて、参加者たちはそれぞれのテーブルへ。

20120804_15-11-52.jpg

今年のテーマは「RISE」。

テーマが発表されると、さっそくそれぞれのチームがアイディアを練っていきます。

20120804_11-29-50.jpg

20120804_11-25-26.jpg

20120804_12-19-24.jpg

もちろん今年もUstreamで全世界へ中継されました。配信は昨年と同じく、BaNyaKによるものです。

20120804_23-34-12.jpg

そして恒例のおやつ…南相馬と言えばやっぱりこれ!
「手造りアイスまんじゅう」です。

20120804_19-00-20.jpg

初日昼の企画発表から初日夜のα版。そして翌朝のβ版まで来ると、ほとんどのチームで制作しているゲームがプレイできる状態になってます。

20120805_08-40-24.jpg

昼前からはデモ台を用意して、子ども達がやってきてできたてほやほやのゲームで遊んでくれました。

20120805_15-54-14.jpg

20120805_15-45-32.jpg

20120805_16-42-20.jpg

20120805_16-01-42.jpg

やっぱり、子ども達の笑顔は良いですね。

昨年同様に開発者の満足そうな顔、運営の満足そうな顔、南相馬市の方々の満足そうな顔、そしてなにより、子どもたちが夢中になる笑顔が忘れられない、そんな、未来がたしかにあることを感じさせる、素晴らしいイベントになりました。

南相馬とサテライトの企画や運営、開催、そのどちらかに参加してくれた開発者、なにより南相馬市の子どもたち、Ustreamを見てくださった皆様、本当にお疲れ様でした。

そしてそして…またやりましょう!

福島Game Jam 2012 in 南相馬で制作されたゲームは、福島Game Jam 2012 in 南相馬のWebサイトより遊ぶことができます。

今年も最高のイベントだったと思ってます。

話は変わりますが、こういった「制作」が関係したイベントは、札幌時代に参加したtomato workshopを思い出します(懐かしいなぁ…tomato workshopも締めきりに追われる日々でした)。

良い意味で「つくるって気持ち良い!」を体験できる、クリエイティブにとっては本当に意味のあるイベントだと感じます。

もちろん、福島Game Jamの場合は子どもたちや地域の人に向けた試遊時間(プレイタイム)が大切なので、少しばかり異なりますけれども。

おまけ1)今年の線量計

20120804_18-41-34.jpg

昨年の線量計とは違うものになってました。

今年の値は0.358μSv/h。昨年の値が0.53μSv/hだったようなので、不安はつきないわけですが、着実に下がってはいるみたいです。

おまけ2)福島県警ウルトラマンバージョン

ウルトラ警備隊のシールとワッペンが福島県警の一部に付いているというのは、ネットのニュースで読んで知っていたのですが、本物を見たのは初めてでした。

20120804_15-58-10.jpg

おまけ3)2日目の朝食

おもしろいことに、お弁当に納豆と生卵がw

20120805_08-20-10.jpg

納豆に生卵を入れてご飯にかけて食べました。うまかった。が、味海苔を食べるのを忘れていて、後から味海苔だけ食べました。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】