RSSの購読

About

2012年10月23日 06:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Mac OS XのSafariでPDFを閲覧するときにAcrobatを無効化する方法」です。

次の投稿は「VMware Fusion 4と5でゲストOSを固定IPアドレス設定にする方法」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« Mac OS XのSafariでPDFを閲覧するときにAcrobatを無効化する方法 | メイン | VMware Fusion 4と5でゲストOSを固定IPアドレス設定にする方法 »

2012年10月23日 06:22

VMware Fusion 5はたしかに速かった。

VMware Fusion 5が出ても、気にせず4を使ってました。

…気にせず使ってたんですが、Microsoft Officeを使いまくる用事ができて、VMware Fusion 4 + Windows 7 Professional + Officeで作業してるとちょっとしたことで苦痛を感じる。重たいというか、時々発生するカクカクした動作が気にいらない。

それで思わず実機で作業して、作業しずらいとかイライラしてて、ふとVMware Fusion 5のサイトを見たら、「40%高速化」のキャッチコピーが。

それに負けて、VMware Fusion 5にしてみちゃいました。

結論を先に書くと、たしかに速い!

40%高速化されてるのかどうかは分からないですが、体感的に間違いなく速い。

動かしているMacはMacBook Pro(15-inch, Mid 2010)をCore i7でメモリ8GBの高解像度にしたモデルなんですが、4ではカクカクしていたところもなくなったし、放熱ファンがギュンギュンしてたようなことをしても、ギュンギュンしないし、まだやっていけそうな気さえしてくる(Mid 2010じゃそろそろダメか?と思ってました)。

Lionだとどれくらい高速化されてるのかは知らないのですが、少なくともMountain LionでMid 2010以降なら確実に高速化されると思います。

もっと早くFusion 5にすれば良かった!

買って良かったFusion 5です。
ちなみに、Fusion 5にはProfessional版というのもあるみたいなんですが、よく分からないので(調べるのも面倒くさかった)無印なFusion 5です。

そういえば今週はWindows 8が発売されるんですね。
7で困ってないし、8RTMさわった感じだと、タッチ操作とかあのUIとかは今のところ興味ないし、まだ7で良いかなぁ…

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】