RSSの購読

About

2013年07月04日 07:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Game Community Summit 2013 にて「ローカルゲームジャム FUSE から見る東北のゲーム開発コミュニティの現在とこれから」を発表しました」です。

次の投稿は「那須どうぶつ王国は、楽しくて動物にさわれて、カピバランチがおいしかった」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« Game Community Summit 2013 にて「ローカルゲームジャム FUSE から見る東北のゲーム開発コミュニティの現在とこれから」を発表しました | メイン | 那須どうぶつ王国は、楽しくて動物にさわれて、カピバランチがおいしかった »

2013年07月04日 07:32

自分のタスク管理Tipsと、最近使ってるタスク管理サービス(Wunderlist)

ここ2年くらい、タスク管理にEvernoteを使ってきて、タスクに対してノートをつけるとか画像を添付するとか、自由に履歴を書き込めるとか、それはそれで便利に使ってきたし、最近はリマインダー機能がついて、いよいよタスク管理に便利!になってきたのだけれど、ちょうどその少し前くらいにEvernoteをタスク管理に使うのをやめて、別のものを使うことにした。

理由はいくつかあって、Evernoteの制限で最大100,000(10万)ノートまでとかなんだとかあるのだけれど、「さくさく登録できない」ことと「さくさく見れない」ことと「自分自身で確実に管理する必要がある」というのが手間(チェックボタン押すか押さないかの差なんですけどね、それでも毎日のことなので手間)で、別のものを検討して乗り換えることを決心。

乗り換え先にいくつか候補があって、iCloudで同期できるAppleのリマインダー.app、Webとスマートフォンで使えるAstrid、そしてタイトルにもあるWebとスマートフォンアプリとMacとWindows用アプリもあるWunderlist

この中から乗り換えることに。

条件は、さくさく登録できて、さくさく見れて、さくさくタスクを完了できて、そしてWeb、スマートフォンから同期して使えること。自分がEvernoteでやってきた中で不満だったところをどうにかしたいという訳です。

最初はリマインダー.appでと考えていたのだけれど、AndroidのChromeだとうまく使えないようなので速攻で候補から外れた。

次にAstrid。宇宙人みたいなのが画面もかわいいし、同期もできる。
しばらく使ってみたのだけど、Web版の同期処理がなんだか不安定。Web画面で完了させたはずのタスクが、なぜかスマートフォンで完了してなかったりする。そしてYahoo!による買収があって、いつまでサービスが継続されるのかよく分からなくなったので、使うのをやめた。

最終的に、最初から候補にあったWunderlistを使ってみることに。 

Wunderlistを使わなかったのは、WunderlistとWunderlist 2というのがあって、よく分からなかったから。どちらも同じ画面のようなんですけどね、どっちがどっち?と思っていたので、候補からすら外してました。

このWunderlist 2(https://www.wunderlist.com/)という方(でも名前はWunderlist)を使っているのですが、なかなか良い感じ。

まず、AstridであったWeb画面とスマートフォンでの同期がおかしくなったりしない。そしてさくさく登録できて、さくさく表示できて、さくさくタスクを終了できる。

Astridでは無料版でもタスク単位で誰かに委任できて便利だったのだけど、Wunderlistでは無料版だとリスト単位。

WunderlistでもPro版にすればタスク単位で誰かに委任することができるので、そこは使っていって不満が出たらPro版にすれば良い。

Web版もMac版もほとんど同じ画面で、背景をデフォルトから変更してあるけれどこんな感じ。

20130704 05 56 02

タスクを分類した後もすべてのタスクを見渡したいので、「環境設定 > サイドバー」から「全て」を「自動」にしてある。

ここ半年くらいは移行期でタスク管理が負担だったけど、移行してしばらく経ったら、今はとっても快適です。

もっとも、おおざっぱな、即座にやるタスクはここに登録して、タスクが大量に発生したりするプロジェクトに関しては、RedmineかサイボウズLiveを使ってます。

どのタスク管理ソフト、サービスを使うときでもやっていることがあって、それはタスク登録時のタスクの名前。

『「なに」を「どう」する』

こんなかたちで書くようにしてます。

たとえば、『○○さんに△△の件で電話する』とか『○○を買う』など。

タスクを登録して、それを見てこなしていけば良いので、とっても気楽です。

もっとも、このやり方になるまではいろいろ試したし、GTDの本を読んだり、TDD(チケット駆動開発)を調べたりもしました。

人それぞれだとは思うのですが、自分がタスク管理にこだわるのは、若いころ(さかのぼると受験生だったころまでさかのぼる…)にモチベーション駆動型アクション(というとカッコいいけど、ただの「言い訳駆動型アクション」)をどうにかしたかったからですね。

ここ数年だと、GTDとTDDが良い刺激になりました。
GTDは、興味があれば本を読んだり訳者さんのサイト(100SHIKI)著者であるDavid Allenさんのサイトを見ていただければと思います。 

それぞれ居心地の良いタスク管理方法(ソフトやサービスではないですよ!)があるとは思うのですが、参考になるとうれしいです。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】