RSSの購読

About

2013年08月26日 17:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「ゲームクリエイターが知るべき97のこと 2」に寄稿させていただきました!」です。

次の投稿は「ひろ美食堂の味噌タンメン(三春町)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 「ゲームクリエイターが知るべき97のこと 2」に寄稿させていただきました! | メイン | ひろ美食堂の味噌タンメン(三春町) »

2013年08月26日 17:07

福島Game Jam 2013 郡山会場

夏だ!!今年も福島Game Jamの季節がやってきた!!

20130826 16 44 05

(写真は郡山会場となった専門学校 国際情報工科大学校の参加者向け休憩スペースより撮影したもの。空が広いですね。)

2013年8月3(土)から4日(日)は、2011年から3回目となる福島Game Jamでした。

20130826 16 40 20

あれからかれこれ3週間ちょっと経ってしまい、ホットな記事ではなくなってしまったのですが、今年の福島Game Jamは内容としても自分としても、とってもホットでした。

20130826 16 42 58

個人的にホットだったのは、今年の開催では本会場が昨年までの南相馬会場に加え、同じく本会場として郡山会場が開催されたことです。

しかも、福島Game Jamに縁のあるIGDA東北が会場運営を担当。
郡山会場からのUstream配信も、同じく縁のあるonionfly.tvによるもの。
とってもホットでした!

20130826 16 43 12

次にホットだったのは、参加人数が国内のサテライトと海外の会場をあわせて500人超だったこと。

「あの日」から福島県を含めた東北もいろいろあったし、時間も流れましたが、こうしてゲーム開発やITやコンテンツ制作を通して、多くの方々が同時に歩いていることに、深くいろいろなことを考えてしまいます。とにかく感謝です。

20130826 16 42 17

もうひとつホットだったことがあって、それは参加者限定のオンラインセミナー。福島Game Jam 2013へライセンス協力をしてくれている開発ツールのセミナーがオンラインを通じて開催され、東北では郡山と南相馬でセミナーを受講することができました。

20130826 16 43 23

こういったセミナーをオンラインを通じて受けることができるというのは、参加する開発者にとっても、もちろん自分にとってもとてもプラスになりました。

そんな郡山会場の様子はと言いますと、南相馬会場とは場所が違うせいかちょっと雰囲気はちがったのですが、すばらしいGame Jamだったと思います。

20130826 16 43 30

20130826 16 43 49

郡山会場のある郡山駅前では、3日の夜に駅前で「うねめまつり」と、少し離れてるけど会場から見える場所で「冨久山花火大会」があったので、それぞれを楽しんでる参加者さんもいました。

そういう自分も花火は休憩室から見ちゃいましたw

20130826 16 44 18

20130826 16 42 03

イベント中は郡山会場と南相馬会場はもちろん、国内外のサテライトでやりとりがあったりとか、会場へ訪れた子どもたちや来場者、そして参加者が描いたキャラクターがゲームに登場したりとか、なにより本会場が2会場になったりとか、物理的な距離を超えて繰り広げられ「東北ITコンセプト」にだいぶ近づいてきたように感じた、そんな3回目の福島Game Jamだったように感じます。

郡山会場の様子は、1日目2日目に分けて公開してありますので、ぜひぜひご覧になってください。

郡山会場で参加された方、南層会場で参加された方、国内外のサテライト会場で参加された方、協賛や後援、ライセンス協力くださった方々、ホント感謝です。ありがとうございました!

そしてスタッフのみなさん、おつかれさまでした!!

20130826 16 40 31

そして、福島Game Jam 2013の懇親会では念願の「開発したゲームの試遊会」が開かれました!感無量です。

20130826 18 03 41

写真じゃなかなか伝わらないかもしれませんが、かなり盛り上がってました。

IGDA東北が主催する次回のFUSEは9月14日(土)です。
その懇親会でも、試遊会で盛り上がれると良いですね!まだまだ参加申込受付中ですので、ぜひぜひ参加申込ください!

そしてOculus Riftを懇親会でみんなに体験させてくれてありがとうございました!良い経験になりました〜。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】