RSSの購読

About

2013年12月13日 06:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Wacomの新しいintuosを買ってみた」です。

次の投稿は「2014年 新年明けましておめでとうございます。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« Wacomの新しいintuosを買ってみた | メイン | 2014年 新年明けましておめでとうございます。 »

2013年12月13日 06:03

MacBook Retina導入とThunderboltとHDMI-DVIケーブル

映像関係の仕事が増えて、レンダリングとかプレビューの時間を節約したくてどうしようもないので、2013モデルのMacBook Pro Retinaを買っちゃいました。

これまで使っていたMacBook Proでは、MacBook Airを除いてはどれもFireWire 400か800のポートが付いていたのですが、Retinaモデルは付いてない。

しかも、有線LANポートも付いてない。
MacBook AirではThunderbolt-Gigabit Etherを使っていたので、それはRetinaとも共有できるとして、RetinaのThunderboltポートが2つ…つまりひとつしかないので、外部ディスプレイを使うときに、Thunderbolt-DVIを使うと、Thunderbolt-Firewireが使えないんですね…

でも大丈夫。

ディスプレイ側がDVI-Dに対応していれば、HDMI-DVIケーブルを使うことで、外部ディスプレイも有線LANもFirewireも使えちゃう。

20131208 12 01 21

この方法に気がつかないで、Thunderboltのハブを買うかどうするか…Thunderboltのハブを使うと一気にいろいろ変換できて便利だけど、まだ高いんだよなぁ…持って歩けないし…と考えてたのがなんとも言えないです。

そういえば、この2013年モデルのMacBook Pro Retinaは省エネで動いてるときのCPU温度がかなり低いですね。

レンダリングとかすると、結構な温度になりますが。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】