RSSの購読

About

2015年03月27日 07:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「青森県立美術館にて「成田亨 美術/特撮/怪獣」展が2015年4月11日(土)〜5月31日(日)に開催」です。

次の投稿は「ゆうぎり(青森市)での夕飯」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 青森県立美術館にて「成田亨 美術/特撮/怪獣」展が2015年4月11日(土)〜5月31日(日)に開催 | メイン | ゆうぎり(青森市)での夕飯 »

2015年03月27日 07:33

「Game Jam in Aomori」が青森大学を会場として開催されました!

3月16日(日)にGame Jam in Aomoriが青森大学を会場として開催され、ファシリテーターをつとめさせていただきました。

青森大学へうかがったのは初めてなのですが、本当にきれいなキャンパスです。  

2015 03 16 12 13 57

会場となった教室から見る景色がまたきれいなんです。
良い環境にあります。 

2015 03 16 08 34 51

青森は青森という名前なだけあって、青が映える風景だと思ってるんですね。
何度来ても、何度写真を撮っても、この独特の青感はたまらなく好きです。

そしてGame Jam in Aomoriが開催されたのはこの教室。

2015 03 16 11 13 48 2

今回のGame Jam in Aomoriでは、青森市からの参加者を中心に、前日にUnity講座が開催された八戸市からも参加いただきました。

テーマ発表〜ブレストを経て、ゲームのコアとなる部分のアイデアを出し、数時間で開発していくことになります。

実際に参加者が書いたアイデアワークの一例はこんな感じです。

2015 03 16 09 51 33

今回チームリーダーとして、開発の技術的サポートやペースメーク、メンター役として、先日のUnity講座でともに講師をつとめた菅家さんをはじめ、IGDA東北の活動でも活躍するメンバーに参加してもらいました。

2015 03 23 08 34 38

かぎられた短い時間の中で開発するにはペースが大事で、特に今回のような短時間での開発が初めてとなる方が多い中では、重要な役割です。

2015 03 16 17 05 40
(開発されたゲームを発表する様子)

もちろん、何より大事なことは参加者の持つものであることは間違いなく、今回のGame Jamでも、自分たちが主催しているゲーム開発イベント(GameJam / ハッカソン)「FUSE」と同様に、「やればできるんだ」ということを、参加者自身が証明したわけです。

2015 03 16 17 39 41

開発したゲームの発表(プレゼン)が終わった後は、交流を兼ねた試遊会も開催され、開発されたゲームを遊ぶだけではなく、質問やこうした方がといった意見交換などが活発に行われていて、開催できて本当に良かったと感じました。

2015 03 23 08 37 21

今回いっしょにゲームを開発した開発者さんの参加と、開催に尽力くださった方々に本当に感謝です。

また一緒にゲームをつくりましょう!

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】