RSSの購読

« スパースディスクイメージ内のファイルを削除したりして容量を空けたときに、スパースディスクイメージの空き領域を再利用して小型化する方法 | メイン | ゲーム開発イベント「FUSE 24」を専門学校デジタルアーツ仙台(宮城県仙台市)にて開催しました »

2015年05月06日 05:42

iPad mini 2の画面がしましまになってしまった

急に画面にインタレースな感じの横線が入るようになってしまい、操作はできるけど、なんだかRetinaじゃないような感じに。

操作していると画面表示が乱れることもあるので、おそらくハードウェア的な問題で、自分じゃ手に負えない。

ダメ元で復元を2回ほどしてみたものの、やっぱり復元じゃ治らず。

Apple Careに入っていれば数千円で済んだのでしょうけど、入ってなかった!

なので、Apple規定の修理費用24,800円+消費税の26,784円くらいかかりそうな予感。

同じモデルのiPad mini 2 32GBを新品で買うと、4万円弱(ぎりぎり3万円台)くらいの金額

修理に1万円弱追加すれば1年間の保証もつくことになるので、修理するより新品を買った方がお得度が高いということになってしまいました。

修理(交換)して90日間の保証にするか、修理費用に1万円足して新品にするか。迷うところなんですが、ここは新品を買っておいて、気が向いたら修理で良いのかなぁ、と思ったりしてます。

あるいは、iPad mini 2を買わずにiPad Retinaを使うという手もあるわけなのですが、iPad Retinaは持って歩くにはちょっと重たいんですよね。

急に表示が乱れてしまって、このトラブルは予想してなかったので、予期せぬタイミングで出費が発生しそうで、あーあ、という感じです。

とりあえずケチケチせずにApple Careは入っておいた方が良いよ!本当に!です。 

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】