RSSの購読

About

2015年08月08日 11:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「キヤノン製品の修理を自宅に集荷に来てくれる「らくらく修理便」の利用料金が9月30日まで無料」です。

次の投稿は「雄国沼と雄国山と磐梯山」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« キヤノン製品の修理を自宅に集荷に来てくれる「らくらく修理便」の利用料金が9月30日まで無料 | メイン | 雄国沼と雄国山と磐梯山 »

2015年08月08日 11:38

VMware Fusion上のWindows 7 ProfessionalをWindows 10にアップグレードしたうえでクリーンインストールする

Windows 10がリリースされましたねぇ。

TP版を使ったりしていて、速度的になかなか良いなぁと思っていたので、リリースから間もないのですが、さっそくVMware Fusionに構築したWindows 7 Professionalから移行することにしました。

インストールメディアをISOファイルでダウンロードできるとのことだったので、ISOファイルからクリーンインストールして、そのWindows 10にWindows 7のプロダクトキーを入力してみたのですが、案の定通らず。

Windows 7 Professionalをアップグレードしてからクリーンインストール…と思ったのですが、VMware FusionのWindows 7で動かしているグラフィックドライバがWindows 10に対応してないとのことで、直接アップグレードできない。

Windows 7がインストールされたメディアのある状態であれば、Windows 10のインストールメディア(のISOファイル)からアップグレードできるとのことなので、段階的にクリーンインストールすることに。

ちなみに段階というのは次のような感じ。

1. Windows 7が動作している仮想マシンをインストールメディア(のISOファイル)を使ってWindows 10にアップグレード
2. Windows 10になった仮想マシンのWindows 10のプロダクトキーを調べる
3. Windows 10になった仮想マシンをインストールメディアを使ってクリーンインストール

1は簡単で、Windows 10のインストールメディアISOファイルをマウントして、マウントしたディスクの中にあるsetup.exeを実行するだけ。

あっという間にアップグレードされました。

このまま使っても良いのですが、気持ち的にクリーンインストールした状態から構築したかったので、2をします。

この2がなかなかめんどくさいです。 

プロダクトキーを調べるソフトがあるのですが(検索すると見つかるので、見つけてください)、有名どころが人気がありすぎるせいか、ダウンロードできない。

別のソフトを使って調べましたが、ウイルスとか怖いので、くれぐれも慎重に使ってください。

プロダクトキーが分かったら、あとはクリーンインストールするだけです。

このときポイントになるのは、2で調べたプロダクトキーは、2で調べた(1でアップグレードした)仮想マシン上でしか使えません。

新規に仮想マシンを作成してプロダクトキーを入力しても、プロダクトキーが使えないよ!と言われて使えません。

 1でアップグレードした仮想マシンにインストールしましょう。

ちなみに、HDD容量を増やしたかったので1でアップグレードした仮想マシンのHDD構成を新規で作成しましたが、プロダクトキーは問題なく使えました。

インストール自体はこれまでのWindowsと比べてもかんたんですし、動作もこれまでのWindowsと比べても軽快な気がします。

Windows 10にして良かった!

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】