RSSの購読

About

2015年09月20日 18:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「沼沢湖とおいしい蕎麦と奥会津アドベンチャー」です。

次の投稿は「古川農園(会津若松市)の手打ち肉そば」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 沼沢湖とおいしい蕎麦と奥会津アドベンチャー | メイン | 古川農園(会津若松市)の手打ち肉そば »

2015年09月20日 18:09

磐梯山に登ってきた

9月5日のことになるので少し前の話になるんですが、宝の山とも歌われている磐梯山に登ってきました。

家を出る直前まで西吾妻山に行くか迷いまくったのですが、9月5日はひさしぶりの晴れで、これは磐梯山に登ってくるしかないだろう、と。

磐梯山に登るにはいくつかルートがあるんですが、グズグズと迷っていたら、いつの間にか良い時間になってしまい、山頂到着を昼にしようとすると、八方台登山口からのルートしか選べなくなってました。

八方台登山口の駐車場へ到着したころにはすでに良い時間で、駐車場がメチャメチャ混んでいて、下の駐車場から歩くことに。たいした距離じゃないんですけどね。

Bandaisan, Happoudai-Tozanguchi

八方台登山口からの磐梯山登頂はなにが良いかというと、登山口から山頂までのコースタイムが2時間くらいということ。

山頂まで2時間は、かなり楽ちん(これまでもっとかかる山しか歩いてなかった)。

というわけで、良い時間なのでさくさくと登り始めます。

Bandaisan, Happoudai-Tozanguchi

登りはじめてからしばらくは、こんなゆるやかな傾斜の山道を歩いて行けて、とっても気持ちいいです。

Bandaisan, Rock

ほかの山でもやってきたことなので特別なことではないのですが、岩についたこけを眺めたりするのも良いもんです。

Wood

これもほかの山でもやってきたことなので特別なことではないのですが、木を眺めたりとか。

ただ、ゆるやかな傾斜なので、精神的にすごく余裕がある。
とことこ歩いて行くと、急な傾斜になってきて、岩も増えてきます。
加えて、少し前まで雨が続いていたので、足下はそこそこぬかるんでます。

とことこ歩いて行くと、昔は旅館だったらしい中の湯旅館の廃屋を見ることができます。
立ち入り禁止になってますが、硫黄のにおいがして、良い温泉だったんだろうなぁ、という想像くらいできます。 

Bandaisan, Nakanoyu-Ryokan

いつまであったんでしょうね…と思いながら検索したら、1990年代後半まであったみたいです。ひなびた良い感じの雰囲気なんですけどね…。

Bandaisan, Nakanoyu-Ryokan

そんなひなびた中の湯旅館 を背に進んでいきます。

Bandaisan, Nakanoyu-Ryokan

さらば!(下山するときにまた通るんだけどね)

中の湯から少し進むと、小さな湿地があって、きれいな小さな花を見ることができたりします。湿地には小さな魚?が泳いでました。

Bandaisan, Flower

ここからグングン登っていく感じになるんですが、裏磐梯が見渡せる箇所がいくつもあって、とってもきれいです。

UraBandai. View from Bandaisan.

UraBandai. View from Bandaisan.

檜原湖ですかね…こういうの詳しくなくて、とっても残念。

UraBandai. View from Bandaisan.

UraBandai. View from Bandaisan.

気がつくと、弘法清水方面へ向かう道と、お花畑という少し開けたところを通って弘法清水に行く分岐点があるので、コースタイムより速く歩いていたのもあって、お花畑で寄り道をしていくことに。

Bandaisan, Ohanabatake Road.

残念なことに花は咲いてなかったのですが、なんだかかっこいい道があったりしました。

Bandaisan, Ohanabatake Road.

ほんの少しだけ紅葉し始めてるみたいです。
さらばお花畑!

ここからとことこ登っていくと、そんなに時間もかからずに山頂になります。

山頂からは、猪苗代湖が見えます。

Inawashiroko. View from top of Bandaisan.

Inawashiroko. View from top of Bandaisan.

あいにくの天気で肌寒い感じでしたが、山頂はたくさんの人で賑わってる。

遠くの方に風力発電所の風車が見えたり、猪苗代湖のなのかは分からないんですが、湖の上を行くエンジン音みたいなのが遠くから響いて聞こえてきて、猪苗代だなぁ、という感じがしました。

登りが2時間弱でしょうか。
道は整備されていて(藪もなくて!)快適なのですが、傾斜がきついのと、ところどころ足場が悪いので、体力的に自信がない人はムリせず。そうでない人は、そんなに苦労することなく山頂まで行けると思います。

むしろ寒いと感じたくらい涼しかったせいか、汗をかくこともなかったので、この日はさらっと帰宅してしまいました。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】