RSSの購読

About

2015年10月13日 20:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「高崎市での夜(と昼)」です。

次の投稿は「三春町にある愛宕神社から八島台にかけての遊歩道を歩いた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 高崎市での夜(と昼) | メイン | 三春町にある愛宕神社から八島台にかけての遊歩道を歩いた »

2015年10月13日 20:14

奥只見の景色があまりにも神々しくて感動した。そして残雪を見て感激した。

高崎からの帰り。

日光経由で帰ってくるか、奥只見経由で帰ってくるかで迷ったけど、日光は渋滞しそうだったので、奥只見経由で帰ることに。

奥只見は一度行ってみたいと思っていたんですが、行ってよかった。

本当に絶景。

絶景というか、神々しい。
そりゃ、開高健が釣りにも行きますよ。

だってもう、こんな。

Okutadami dam

日本じゃないみたい。

とがった尾根に残雪。

あまりの神々しさに感動した。

Red leaves and Remaining snow in Okutadami

北海道で雪が降るかもとか、富士山や北アルプスでは雪が降ったとか報道されてるのに、まさか残雪見れると思ってなかった。

ズームしてみるとこんな。

Remaining snow in Okutadami

遠くの山のてっぺんが白くなってるとかは見たことあったんですが、こういう、いわゆるな残雪を見れるとは思ってなかった。

感激。

それに、どこまで行ってもこんな景色。

Red leaves in Okutadami

Red leaves in Okutadami

見渡す限りとがった山。

足下にはなみなみと水を蓄えた湖(ダムですけどね)。

超きれい!!

湖に流れ込む川だってこんな。

Red leaves in Okutadami

こんな雄大な景色が日本にあったなんてね。

Remaining snow in Okutadami

渋滞してるかもしれないからと迷ったあげくの判断でしたけど、来てよかった。

紅葉も超きれいでした。

ただ、新潟側から行くのも、福島側から行くのも、運転はどちらもかなり疲れると思うので、興味のある人は安全運転で行ってください。

自分は魚沼(小出)側から行ったんですが、ダム工事に使われていたと思われる長くて狭くて暗いトンネルと、一車線(片側一車線じゃなくて、細い道)の舗装されているけど、なかなか険しい道がかなり長いこと続きます。

福島(尾瀬)側からだとトンネルはないのですが、やはり細い道が長いこと続きます。

どちらで行くにしても、特別な理由がなかったり、運転に自信がなかったりする方は、無理せずバスで行くのがいいと思います。

特に、観光シーズンは対向車の運転もなかなか荒かったりするので、事故に遭わないためにも、無理に車で行く場所ではないかな、と思います。自動車便利ですけどね。

キャンプ場もあるようなので、一泊とかじゃなく、複数泊でキャンプに行ってみたいなぁ。

サクラマスも釣れるみたいだし、釣れたら楽しいだろうなぁ。

帰ってきてから調べてみたところ、ダムができる前の奥只見はマタギの里で、今はダムの底に沈んでいる集落がその里だったらしい。

かつての奥只見の民俗的な歴史は、只見町史第3巻 民俗編から垣間見ることができる。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】