RSSの購読

About

2016年02月03日 09:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Global Game Jam ふくしま 2016を開催しました!」です。

次の投稿は「おのざき LATOV店で寿司ランチ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« Global Game Jam ふくしま 2016を開催しました! | メイン | おのざき LATOV店で寿司ランチ »

2016年02月03日 09:01

磐梯山ジオパーク展(いわき市立図書館)へ行ってきた

2016 02 02 10 49 14

いわき市立図書館で開催されている磐梯山ジオパーク展へ。

三春は3℃くらいだったのだけど、いわきへ着くとかなり暖かい。
たぶん、10℃くらいあったんじゃないかな。東京に行ったときと似た陽気。 

パネルと資料の展示があって、規模としてはどちらもコンパクトにまとめた感じ。

パネルの方が磐梯山の歴史やジオパークの成り立ちと紹介。
明治時代の噴火で原野になった裏磐梯を植樹して今のようにした遠藤十次郎の紹介と写真は、知っている人もそう多くないと思うので、なかなか見応えがあります。

資料の方は噴石と江戸時代などの噴火の資料。それと、有名な会津磐梯山の歌に登場する小原庄助を中心とした文化関係の資料展示。

パネルと資料で何枚か紹介されていた、噴火の際に飛んできたとされる巨大な噴石は、噴火のエネルギーがどんなにすごかったのかを感じさせるインパクトがあります。

博物館ではなく図書館での展示なので、多くを望むのは欲張りですが、コンパクトにまとまっていて、短い時間で磐梯山の歴史、自然環境、そして文化を知るにはぴったりだと感じました。

1月末の週末では、講演やワークショップがあったそうなのですが、ちょうどその日はGlobal Game Jam ふくしま 2016を主催していたため行けず。残念!でも仕方ない。

巨大な噴石は現地へ行けば直接見ることのできるものなので、雪が溶けたら見に行ってみたいなぁ。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】