RSSの購読

About 2016年05月

2016年05月にブログ「Creatiblog:310326」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年02月です。

次のアーカイブは2016年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 2016年02月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月 アーカイブ

2016年05月13日

4月1日から、地域おこし協力隊という制度を使った栗駒山麓ジオパーク専門員として歩きはじめました

今年4月1日より、メディア・コンテンツ領域の栗駒山麓ジオパーク専門員として、栗原市ジオパーク推進室に勤めています。

blogを書くのが超久しぶりになってしまったのは、忙しかったから、というと1/3が本当のことで、1/3がいやいろいろとほかにもあってというのが正しいところで、残りの1/3がどう書いたら良いのかいまいち分からなくて、書かずに、というか書けずにいたというのが本当のところです。

ここまでの道のりをざっくりと書いておくと、今年1月に開催されたJOIN移住・交流&地域おこしフェアの会場で偶然できた縁からはじまって、いろいろと悩んだり紆余曲折があったりしながら、宮城県栗原市に山頂があって、東北のだいたい真ん中ら辺にある栗駒山を中心とした栗駒山麓ジオパーク専門員になる道を選び、歩きはじめたということになります。

栗駒山麓ジオパーク専門員は地域おこし協力隊という移住・定住を目的とした総務省の制度を使っての栗駒山麓ジオパーク専門員となり、栗原市とは直接の雇用関係がなく、毎年更新・最長3年間の仕事になるのですが、これまでの経験とこれからの経験から、次につながるナニカと出会えることができたらと考えています。

これまでの経験を活かした人間に働きかけるような仕事を活かしながら、こちらも去年急にはじめた大好きな山歩きからはじまる、自然に係わるような仕事ができるのは、個人的にはとても恵まれた環境にいると感じています。

栗駒山麓ジオパーク専門員として働き始めて、もう少しで1ヶ月半になります。やりがいある仕事内容と人間関係、美しい里山の風景に恵まれて、充実した毎日を送っています。

勤務先はJR東北新幹線のくりこま高原駅にありますので、近くに来た方がお越しいただいた際には、自分が働いている様子をマジマジと見ることができます。

近くへ来た際にはぜひお立ち寄りください!

ちなみに、これまでの仕事はどうしてんの?という質問を受けることがたまにあるのですが、これまでの仕事も今のところ継続していますので、なにかありましたら遠慮なく声がけしていただけたらうれしいです。今後ともよろしくお願いいたします!

2016年05月17日

3月に行った札幌出張で出会った鳥

2016 03 26 10 43 04

なんていう鳥なんだろう?

知識が足りなすぎてさっぱり分からないけど、とことことどこまでも歩いてた。

飛べるのにね。 

初春の栗駒山

2016 04 05 17 59 00

今(書いてるのは5月半ば)から思い返すと、いろいろあったなという1ヶ月半。

4月頭の栗駒山は、まだ上から下までずっと雪。

今はちょこっとしか残ってないのだけどね。

栗駒山麓ジオパーク弁当

くりはらの大地の恵み 栗駒山麓ジオパーク弁当をごちそうになりました!
(ごちそうさまでした!!) 

栗原市は平成の大合併で10町村が合併してできた市で、宮城県で最も大きな市。

そんな大きな栗原市の農産品を一迫にある会席料理 丸勝がふんだんに使ってつくられた栗駒山麓ジオパーク弁当をごちそうになりました。

2016 04 06 12 53 41

オビをはずすとお品書きが!

2016 04 06 12 54 18

さっそくお品書きの下を見てみる!

こんなにゴージャス!!

2016 04 06 12 55 22

こんなにゴージャス。
しかも手作り。

なのに800円。安い!(と、思いませんか?)

寄ってみる。

2016 04 06 12 57 23

栗原産の豚肉・パプリカ・大根(味付けが美味)。

2016 04 06 12 58 01

煮豆に芋ようかん(これもまた美味)。

2016 04 06 12 59 09

夢風船というブランドトマト(!)とマイタケ(超美味!)。

2016 04 06 13 00 30

そして卵焼きがまた美味しい。

これで800円。

超美味しい。

栗原市へお越しの際は、ぜひ栗駒山麓ジオパーク印のこのお弁当を狙って欲しいです。

ほかにも美味しいものや目玉な食べ物もありますよ!

初春のふくしまの里山歩き

小春日和が気持ちいい午後に、ふらっとふくしまの里山を歩いてきました。

里山という言葉を考え直したのが、1ヶ月少々前のことだったので、いろいろと考えながら歩いたり、でも気づいたら里山歩きを楽しんでいたりで、とっても良い時間を過ごしました。

2016 04 09 15 42 15

なぜか子供は自転車。

自転車で里山をのんびり走るのもいいなぁ、と思ったりしました(しかし、今欲しいなと思ってる自転車はロードバイク。なので、里山をのんびり走るには不向き…)。

2016 04 09 16 01 57

たしか、この時期の栗原市はまだ桜が満開ではなかった気がするんですが、福島は満開というか、散り始めでした。

里山はまだまだ。

今年の桜は天気にも恵まれて、見頃が長くて良かったですね。

2016 04 09 16 03 11

あと、ひっそりと「こんな」のがあったりとか。

まああれですね。震災の影響というか、人災というか。考えたこと、考えること、考えていかなくてはならないことがたくさんあります。

2016 04 09 16 04 05

この辺から見れるとは思ってなかった方曽根山も見れました。

ひとつふたつ山を歩いてるだけなのに、方曽根山がこんなに近くに見れるんだね。
こういう出会いも、車だとあっという間に見えなくなってしまうので、やっぱり歩くのは楽しいなと実感します。

2016 04 09 16 04 40

しだれ桜。

逆光でシルエットショット。 

2016 04 09 16 05 57

里山っぽい写真。

2016 04 09 16 15 07

石。というか岩。

写真じゃ分かりにくいけどでかい。

2016 04 09 16 16 15

間伐した木。

美しい。

2016 04 09 16 16 36

なんだかんだで子供がこいでも自転車速い…

2016 04 09 16 22 22

山並み。

きれいだなぁ…。こうして眺めてる間にも、自転車はどんどん遠ざかってく。

2016 04 09 16 26 20

移ヶ岳。

見慣れた山。

1,000mにあと少し届かない山だけど、やっぱり美しいと思う。

2016 04 09 16 44 09

やっぱりなんというか、歩くのは良いなぁ。

速く移動するとか、自動車で動くとか、たしかに便利なんだけど、いろいろなものがビュンビュン通り過ぎてしまって、歩いたり、列車に乗ったり、バスに乗ったりすると、それまで気づかないでいたものと出会えたりとかして、そういう魅力にここ数年気づかされてる。 

速度、景色、物思いにふけったり。
歩く速度から出会えるなにもかもが、本当にいとおしい。

鳴子温泉郷

ふらっと共同浴場に行ったりとかしたんですが、のんびり宿泊したのが初で、とっても良かった。

そんな宿泊の時に、ふらふら歩いてきたときの写真。

2016 04 16 16 54 16

温泉。まさしく温泉。

わいてます。

2016 04 16 17 04 37

温泉街にふいに足湯。

にゃんこ印。

たしかに周りににゃんこいた。

猫も入る足湯なのかな…?

2016 04 16 17 25 06

鳴子の温泉街。

泊まって温泉入って、地酒飲んで、カラオケして、といういわゆるな夜を過ごしてとっても楽しかったです。

また行きたいなぁ。

鬼首の間欠泉

2016 04 17 09 52 48

しゅわしゅわ。

この後ぶしゃー!なんです。

2016 04 17 10 03 39

いたるところで温泉が湧き出ているので、一回行くと良いと思います。

キャンプ場があったので、鬼首でキャンプも良いなぁ。

2016年05月18日

良くすることって欲(よく)することなんだなと気づかされた日

「良く」することが良いことではないのかもしれないなぁ、と気づかされた日。

極端な表現をすると、良くすることが善で、それ以外は悪みたいにも言い換えることができるようにも思う。

だけど、どっちが善か悪とかそういう話じゃなく、流れている川を必要に差し迫られてないとき以外にせき止めなければ、どっちだっていいじゃない、ということもあるんだなと気づかされたわけです。

これまでの経験…というか、これまではなにがしかのトピックがあれば、良くすることばかり考えてきて、おそらく重箱の隅をつつくくらい些細なところまで良くすることを考えていて、それこそ神は細部に宿るじゃないけど、そういう考え方をしてた。

今日気づかされたのは、べつに全部が全部そうである必要はなくて、必要なところで良くすれば良いんだな、ということ。

良くすることばかり考えていて、「良くすること」が「良く深く」なっていて、それこそ「欲深く」なっていて、別にそこまでやんなくても、というところまでやってたところがあるんですね。

今日このことに気づけたのは、とっても良い気づきだったと思ったわけです。

最近はこういう気づきについての投稿をしてなかったわけですけど、自分にとってとても良い気づきだったので、log(記録)したいと思って、ちょっと堅苦しい内容だけど投稿することにした。

ほんと今日このことに気づかされて良かった。

人間関係にはとても恵まれてるなぁと以前から思ってたけど、ホント恵まれてます。感謝。

明日からちょっぴりちがった自分になってるかな?いやそんなに急に変わらないけど、blogに書いたわけだし、少しずつ自分のものにできたら良いなと思うわけです。

2016年05月25日

得るものの多い日々

あれこれと日常をしているうちに、いつの間にか2ヶ月が経つわけです。

ジオパーク専門員として働き始めてもう少しで2ヶ月が経つわけですが、まとまってませんが、忘れるには惜しいので雑感をあれこれと書いてみます。

  • 分かってはいたことだけど地球科学の知識に乏しい
  • たまたま環境が運良くそうだったのだけど、考えることを要求されるきっかけが多い
  • 今まで知らなかったことに触れられて楽しい
  • 山が歩けて楽しい

地球科学の知識に乏しいことは、知らないことは悔しくないのだけど、楽しいのだけどその先の楽しいまで行き着けてないところが自覚できて悔しい。自分の時間の使い方と時間自体が解決する問題なのは分かってるのだけど、歯がゆい。

考えることを要求されるきっかけが多いことはとってもありがたい。もっとも、考えた末にあるアウトプットの方法については、こうしたら良かったなぁと思うことがしばしば。自分のいたらぬところを実感する。

今まで知らなかったことに触れられて楽しいのは、純粋な気持ち。一番目と重複する部分も多いので、その喜びを素直に表現できるようになれたらなぁ…と思う。ホントに。

4番目はホント楽しい。3番目とも重複することだけど、自然と触れる瞬間というのは、ホントにすがすがしい。それを言葉にすることのできる経験が欲しいです。

全体としては以前とそんなに大きく変わってないけど、素直に受け止めて、素直に租借して、素直に自分のものにして、素直に言葉に変換できる自分になれたなら、もっと楽しめるし、もっと自分を活かせるのかなぁ、などと思うことも。

素直じゃないなというところは相変わらずなのですが、少しずつ変わってきてるはず…と信じるしかないなぁ。自分に対して後から「もー」と思ったりすることも相変わらずたびたびありますが…。

もっと自分のものにできたら、それをうまく表現できるんだろうなぁ。くやしいな。そういう点は歯がゆい。ジオもジオパークも面白いだけにとくにね。すぐにはできないだろうけど、なりたいです(安西先生!)。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】