RSSの購読

About 2017年12月

2017年12月にブログ「Creatiblog:310326」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 2017年09月 | メイン

2017年12月 アーカイブ

2017年12月03日

栗駒山麓ジオパーク特産商品「栗駒山麓のめぐみ」が認定され、おいしさをみなさんに楽しんでいただけるようになりました

2016年の秋くらいからやってきた、持続可能な開発を地域に貢献できるプロジェクトのひとつが、12月2日に認定式でお披露目となり、最初のマイルストンを踏むことができました。

2017 12 01 19 14 08

これも地域の方をはじめ、事務局と専門員の方のおかげと思います。本当に感謝です。

栗駒山麓のめぐみは、本当にざっくり言うと(JpGU 2017 / 日本地球惑星科学連合2017 のポスターセッションで発表した、わかりやすい資料があります。興味のある方は問い合わせてみてください)ジオパーク(ざっくりいうと野外も含む体験型博物館)が持つ特徴である、地質・地形とその上で繰り広げられる生態系と人間のいとなみ(歴史や文化)について活用した商品開発プロジェクトです。

地域と外とをつなぐ大きなプロジェクトなので、フレームワークデザインにはかなり気を遣ったつもりですが、地域の方が運用していくには、まだまだ手を加える必要があると実感するところもあり、今後も継続して改良していくプロジェクトですが、認定商品の味はまちがいないので、ぜひ食べてください!

2017 12 02 14 44 33

今後はこのあたりを反復のスタートになると思います。

活用と運用については、かなりやりがいのあるプロジェクトになると思います。

今日は別件で一迫という地域を歩いていたのですが、認定商品提供店のもちっこ屋でんさんにさっそく認定特典のノボリが掲げられていて、とてもうれしく思いました。

どの認定商品も、地域の地形や地質はもちろん、生態系と人間のいとなみについて、栗駒山麓ジオパークのテーマ「自然災害と、豊穣の大地」に関わる物語を持っているので、おいしさはもちろん、その理由についても二重三重に楽しんでいただけると思います。

2017 12 03 11 19 54

どんな遠くにいても、どの場所のものでもおいしく食べることができる時代です。

食べることについて考えることはずいぶん少なくなっていると思いますが、どんな商品にも美味しいことには、地域性をはじめとした理由があると思います。

ぜひ、ただ食べるだけではなく、どうしてその地でこのおいしさが育まれたのか、知ってください。

このプロジェクトを進めるにあたり、地域の情熱的な方々と、優れた同僚に恵まれたことを感謝します。

これからも続くプロジェクトです。
多くの地域内外の方が、栗駒山麓という地域の特徴に興味を持ってくれることを願います。

2017年12月15日

「田部井淳子 人生のしまいかた」が放映される

田部井淳子さん。

高校の先輩にあたる、今さらながらステキな人。

高校のころ2回くらい講話を聞いたし、生徒会長なんて大それたものをやらせてもらっていた流れで、何回か話をした気がする。どんな話をしたとか、まったく覚えてないのだけど、未来に満ちたおばあちゃんだな、と感じたことだけはよく覚えてる。

あの頃の自分は、母方の祖母が旅立ったこともあってか、老いに対して正面から向かい合うことができなかった。

それに、山を歩くことに対しても、残念なことに、それほど興味がなかった。里山を歩くだけで満足していた。

山を歩くようになり、気づきと見る目が育ってきた今では、田部井さんが言いたかったことがなんなのか、なんとなくわかる気がする。

私という個の今は、まさに今しかないのだから、今を一所懸命生きなさい。そんな、根源的な、ヒトにとって実に深いことだったのだと思う。

それを、彼女の言葉で、若い人に伝えたかったのだろうな。

今いる場所から登ることは、新しい景色が見えるから、恐れずに、踏み出そうよ、そんなシンプルな話に違いない。

田部井さんの発する言葉を、もっと深く味わうことができなかった自分がいるのは事実で、今なら深く味わうことができるのだろうけど、残念ながらそれはもうできない。

今できることを、一所懸命やることしかできない。

番組というのは、編者の思うことが多大に含まれるわけだけど、それもひとつの味だ。
見て、あのころの自分では味わえなかったものを、ぜひ味わいたい。 

田部井淳子 人生のしまいかた

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】