RSSの購読

About

2018年09月16日 20:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「最近のUSBモバイルバッテリはとても小さくて軽い!」です。

次の投稿は「すべての温泉地は、温泉入り放題のキャンプ場を提供したら良いと思う」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

« 最近のUSBモバイルバッテリはとても小さくて軽い! | メイン | すべての温泉地は、温泉入り放題のキャンプ場を提供したら良いと思う »

2018年09月16日 20:08

災害と未来について…災害に特化したクラウドファンディングはできないのだろうか

たまたま見たNHK総合のニュース番組で、むかわ町のたい焼き屋さんが被災して、住居兼店舗が全損。被災前のようになるには、まだまだ乗りこえる課題がたくさんあるというトピックを知った。

阪神淡路大震災のときはまだ中学生で、朝起きたら大変なことになっていて、なにがなんだか分からないけど、なにかできることはないかと考えて、中学校で支援できる方法を考えてやったりもした。

東日本大震災のときは、まさに被災した。

あのときは、猛烈な津波の映像が今でも目に焼き付いてる。
たまたま運が良かっただけですけど、阿武隈高地の岩盤が、 強烈な揺れに耐えてくれて、自分の生活に関わるところには、それほど大きな被害をもたらさなかった。
もちろん、その後の原子力発電所による被害は、今でも続いているのはまちがいないし、原子力災害に関しては未だにわからないことが多すぎて、“風評”という、「世間の評判」とか「うわさ」とか言われる言葉に振り回される…ということにもつながっているわけですが…。

あの日…というのが、どの日を指すのかは難しいですが、自分にとっては2011年3月11日なのはまちがいないので、おそらくその日なのですが…から、時が止まってしまった町があり、あゆみを止めたり、止めざるおえなかったり、あゆみが鈍くなった人がいることだと思います。あの日以前の自分と、今の自分を、きちんと見つめることは難しいのですが、そうだとも、そうでないとも言えるわけで…

自分はのろのろかもしれませんが、歩いている。

これはまちがいない事実でしょう。

でも、歩くのが困難だったり、時間が足りなかったり、そのほかの理由が足りない人をサポートする必要って、あるんじゃないかなと思うわけです。

そこで、災害に特化したクラウドファンディングができないのかな、と思うわけです。

災害からの復興を目標とし、持続可能な地域経済の構築を目的に特化した、地域の経済活動とそれによって派生する(地域の)生活・文化・未来へのクラウドファンディング。

募金という方法を否定するわけではなく、それは良いことだと思うんです。

ただ、困ってる人を直接支援する術があって、それによってその周辺が立ち上がる方法があってもいいのではないかな、と思ったわけです。

それによって救われる人、立ち上がれる人、歩き出せる人も、いると思うのです。

知らないので書いているわけですけれども、すでにあるなら、それを応援したり、PRすればいいだけですが、なければ、そういった仕組みがあるととてもいいな、と思うのです。 

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】