RSSの購読

About Dreamweaver

ブログ「Creatiblog:310326」のカテゴリ「Dreamweaver」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはDirectorです。

次のカテゴリはFireworksです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Dreamweaver アーカイブ

メイン

2007年07月11日

Adobe CS3

今さらながらAdobe CS3の話題。

アップグレード版を買うか、せっかく学生なんだからアカデミック版を買うかで迷ってた。
迷ってたんだけど、無償アップグレード付きのAdobe CS2.3 Premiumを買えば3〜4万円ほど安くCS3 Design Premiumになることを思い出した。

もっとも、最近は紙物やってなかったんでInDesignは使わないだろうと思うんですが。
Flash CS3に目がくらんで、思わず購入。

そもそもこの無償アップグレード、8月5日までなのでだいぶ急がないとマズイ。
さっそく一昨日の夜注文。今朝到着。順調な走り出し。

Adobe IDが登録済み製品から一切合切消えてしまっていたので、その件でもAdobeに電話。
・・・ひかり電話からナビダイヤルってつながらないのね。
携帯もつながらなかったら悲惨だなぁ、と思いつつ携帯から連絡。
複数個Adobe IDがあるとのことですorz

おかしいなぁ・・・
とにもかくにも、複数個になってるAdobe IDを結合してくれるらしいんで、お願い。
結合前に、買ったCS2.3の登録して良いか聞いたら、オンラインでならOKとのことで、早速追加。

もろもろの面倒くさいことをして、アップグレードシールを発送。
ちゃんと届くか不安なので、配達記録・・・。
配達記録郵便って、郵便料金+210円の料金なのね。知らなかった。

ソフトは重複してるから届いたCS2.3をインストールする用事はないけど、PowerBookの残りディスク容量が乏しいので、CS3が来たらシステム入れ替えるかな・・・
浮いたお金でHDD載せ替えるという手もあるか。

2008年02月20日

DreamweaverとSubversion

Subversionでバージョン管理を始めたら、Dreamweaverのファイルブラウザ内に.svnというフォルダが大量に見えるようになった。
これはSubversionで使っている不可視フォルダだと思うんだけど、何も考えずにサイトをサーバにアップすると、そのままアップされちゃう。

見られて困るようなものが入っているのかどうかは別にして、不要なファイルをアップされるだけで気分が悪い。
幸い、Dreamweaverにはアップする対象と非対象を決めるクロークという機能がある。
しかし、このクローク機能を使って自動で設定できるのは、ファイル拡張子のみ。
フォルダを設定するには、人力でセコセコ頑張るしかないのか・・・と思っていたら、良い感じのエクステンションを見つけた。

Cloak/Uncloak SCM Directories
SCMは、Source Control Managementのことらしい。

簡単に翻訳してみると-
CVSやSubversionのSCMは、プロジェクトのそれぞれのディレクトリ内にディレクトリを作成する。それらの作成されたディレクトリを、クロークに指定することでサイト上に公開されるのを防ぐことができます。云々。

ざっくばらんに言うと、CVSとSubversionで作成されるディレクトリを自動で判断してクロークとクロークの解除をしてくれる。
そういうエクステンション。

Compatible productがDreamweaver MX 2004-MXってなってるけど、Dreamweaver CS3でも動いた。

2009年06月07日

Device Central CS4で携帯サイトをプレビュー

キャリア純正の携帯サイトブラウザと比較して高精度とは言えないが、手軽に携帯サイトをプレビューするためにDevice Central CS4を使うのは悪い選択肢ではない。

Device Centralはヒトクセあるアプリで、そのまま使おうとするとどうしたらいいのか分からなくなるので、携帯サイトをプレビューするための方法は次の通り。

20090607072154.jpg

まず、Dreamweaver上でDevice Centralでプレビューを行う。
すると、Device Central内でエミュレータとしてプレビューできる。

携帯電話を変更する時は、左側のライブラリ側で携帯電話を選ぶ。

20090607072259.jpg

プレビューの時、右側の「スモールスクリーンレンダリング」にチェックが入っていると携帯電話で見た時とかけ離れてしまうので、チェックは外す。

携帯サイトでphpなどを使っている時は、ローカルにあるファイルを表示したところで動作の確認ができない。

20090607072401.jpg

プレビューしたいサイトをFTPか何かでサーバにアップし、右側の「URL」にテストサイトのURLを入力する。

こうすると、サーバ上の携帯サイトを確認できる。

2009年09月23日

DreamweaverでPHPコーディング中のインデントをタブから半角スペースにする方法

Webアプリケーションの開発案件をやっていて、開発言語がPHP、僕のコーディング環境がDreamweaverで、コーディング規約のインデントタブが半角スペース4つ。

ちなみにこの、インデントがタブ文字なのが「ハードタブ」。
インデントが半角スペースなのが「ソフトタブ」です。

Dreamweaver上でタブキーを押すと、挿入されるのは当然タブ文字。
コードのインデント機能を使っても、挿入されるのはタブ文字。
半角スペースを4つ入れた状態で改行した、オートインデントで挿入されるのもタブ文字。

まさか…手打ちで「半角スペース4つ」をやり続けるのか?
それはイヤだ!と探したものの、インデントをタブ文字にする方法が見つからなかった(誰か知っていたら教えてください)。

しかし、タブ文字を半角スペースに変換する方法を見つけたので、 この方法を使うことにします。
方法は簡単。まず、環境設定でタブ文字の設定をしておきます。

20090923101002.jpg

次に、コーディングします。

20090923100950.jpg

当然、インデントはタブ文字です。
ここで、インデントがタブ文字になっている部分を選択して、右クリックでコンテキシャルメニューを表示しましょう。

20090923101019.jpg

コンテキシャルメニューのに「選択→タブをスペースに変換」というのがあります。
この機能を使うと、環境設定で設定したインデント設定で、タブ文字が半角スペースに置き換えられます。

もっと良い方法があるのかもしれないけれど、取り急ぎはこれで対応することにします。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】