RSSの購読

アーカイブ

20180114

自分の中にあるもの、自分から無意識に発せられているにじみ出るもの、他者と自分について

2018年になって、栗駒山麓・ゆざわジオパークフェスティバルの準備や、ゆざわジオパークといっしょにやった世界でひとつだけの岩石標本づくりワークショップなど、あれこれあって、なかなかblogを書くような、思考をまとめる時間がつくれなかったんですが、新しい年になってからも、いくつか気づきがあったので、その内のひとつを紹介。

他人から優しくされたければ他人に優しくするしかなく、他人に優しくしたければ自分に厳しくするしかない。自分の中にある“余裕”が問題なんだよ。

ということ。

別に優しくされなくたっていいや!というヒトやこともあると思うんですが、わざわざ辛く、あるいは邪険にされても息苦しいだけだと思うわけです。

いやそれがロックだ!硬派だ!というのも分かるんですが、わざわざハードモードを選ぶ必要もない。

自分にそれができているか、というのは棚に上げてしまいますが、“余裕”を手に入れるための努力は、原因と結果として、きちんと自分に返ってくることですから、悪いことではないと思うのです。

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】