RSSの購読

アーカイブ

20171215

「田部井淳子 人生のしまいかた」が放映される

田部井淳子さん。

高校の先輩にあたる、今さらながらステキな人。

高校のころ2回くらい講話を聞いたし、生徒会長なんて大それたものをやらせてもらっていた流れで、何回か話をした気がする。どんな話をしたとか、まったく覚えてないのだけど、未来に満ちたおばあちゃんだな、と感じたことだけはよく覚えてる。

あの頃の自分は、母方の祖母が旅立ったこともあってか、老いに対して正面から向かい合うことができなかった。

それに、山を歩くことに対しても、残念なことに、それほど興味がなかった。里山を歩くだけで満足していた。

山を歩くようになり、気づきと見る目が育ってきた今では、田部井さんが言いたかったことがなんなのか、なんとなくわかる気がする。

私という個の今は、まさに今しかないのだから、今を一所懸命生きなさい。そんな、根源的な、ヒトにとって実に深いことだったのだと思う。

それを、彼女の言葉で、若い人に伝えたかったのだろうな。

今いる場所から登ることは、新しい景色が見えるから、恐れずに、踏み出そうよ、そんなシンプルな話に違いない。

田部井さんの発する言葉を、もっと深く味わうことができなかった自分がいるのは事実で、今なら深く味わうことができるのだろうけど、残念ながらそれはもうできない。

今できることを、一所懸命やることしかできない。

番組というのは、編者の思うことが多大に含まれるわけだけど、それもひとつの味だ。
見て、あのころの自分では味わえなかったものを、ぜひ味わいたい。 

田部井淳子 人生のしまいかた

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】